ジルコニアは昨今、歯科医院で欠かせない存在となっています。これはセラミックの中でもダイヤモンドと同じくらい硬く、透明感のある素材であるのが特徴です。硬いという特性を生かし、主に奥にできた虫歯の被せ物として使用されたり、ブリッジの材料として用いられています。

そんなメリットの多いジルコニアセラミックですが、価格の相場はいくらくらいなのかはご存知でしょうか?



【広告】

ジルコニアセラミックの価格

ジルコニアセラミックの価格はオールセラミックよりも少し高く、値段が高い分強度は優れています。値段は歯科医院によって違いがありますが、90000円から150000円程度になります。

ジルコニアセラミックは健康保険の適用外になるため、保険適用のプラスチック製のものと比べると価格は高くなります。値段は高いですが、保険適用のプラスチック製のものよりも強度と審美性は優れており、値段が高いだけの価値はあります。保険適用のプラスチック製の歯のように欠けたり変色することがないので、長期間にわたって使い続けることができます。

ジルコニアセラミックの差し歯であるジルコニアクラウンの特徴は、丈夫で審美性に優れていることです。人工ダイヤモンドを素材に使用しているため、通常のオールセラミックよりも強度が強く、硬いものを噛んでも欠けたり破損することはありません。表面はツヤのある白色で、黒ずむことがないため美しい白色にすることができます。

金属を使用しないで強度を確保できる

ジルコニアセラミックはメタルフリーで製作されているため、金属アレルギーの方でも装着することができます。土台部分もメタルフリーですので、金属は一切使用されていません。

オールセラミック治療で使用される土台部分はグラスファイバー製になっており、とても衝撃に強いことが特徴です。土台部分に金属を使用すると丈夫にはなりますが、金属が硬すぎるために歯の根を割ってしまうこともありましたが、グラスファイバー製の土台にすることによって歯の根との硬さに差がなくなり、歯ぎしりをしても根が割れるようなことは少なく、スポーツや肉体労働などで力んで根っこを割ってしまうリスクを少なくすることができます。

ダイヤモンドと同じくらいに硬い

ダイヤモンドと同じくらいに硬い事もジルコニアの特徴です。これまで普通のセラミックが被せ物として使われていましたが、強度が弱いために固い物を食べると欠けることが多々ありました。その点、ジルコニアは従来のセラミックの3倍以上の強度を誇っています。さらに曲げ強度も非常に高いので、硬いものを食べても欠けにくく、割れにくくなっているのです。強度や耐久性に非常に優れているために、今までのセラミックでは難しかったブリッジでさえも金属を使わずに治療することができます。

さらに、ジルコニアは口の中で非常に安定しているという特性があるので、変色や劣化がないことも利点といえます。そもそも口の中は食事をするたびに酸性、アルカリ性と様々な状態に変化していきます。ジルコニアは安定した素材であるために、口の中の環境の変化にも影響されることなく、長期間安定して口の中で機能してくれます。

変色しないので思いっきり笑うなどして口の中が見えても安心です。さらにジルコニアは体の人工関節としても使用されるほど人間の体に優しい材料です。なので、従来の治療で用いられる金属のようにアレルギーの原因になることもないです。

このように色々なメリットがある反面、実はデメリットもある事で知られています。例えば、ダイヤモンドと同じくらいに硬い素材であるために、食事の際に噛み合う歯を傷つけてしまうことがあることです。したがって治療を行う斎、担当の医師に噛み合わせの調整をきちんと行ってもらう必要があります。時間をかけて調整を行う事で噛み合っている歯は傷つかなくなります。

これまでのセラミックと比較すると、治療費がおよそ2割から3割程度高くなることもデメリットといえます。しかも、今までのセラミック同じように、保険診療ではなく自由診療となります。ただ保険診療で認められている金属、プラスチックでの治療は、固い物を噛んだ際に割れる、欠けるなどのリスクがあります。そのため治療を何度もやり直すことになる可能性も高いと言えます。

しかしジルコニアでの治療を受ければ、耐久性が高いので固い物を噛んでも割れる恐れがあまりありません。また、しっかりフィットするので新たな虫歯が発生する可能性も低くなり、将来的に歯を残せる可能性が高くなります。

このように治療の際にはメリットとデメリットをよく理解し、後悔しないように医師から治療方法、リスクなどを詳しく聞いてから判断する事が大事です。

治療を受ける前に

ジルコニアセラミックを少しでも安い価格にするためには、合計の費用が安い医院で治療を受けるのがコツです。歯科に表示されている金額はジルコニアセラミック本体価格だけの値段である場合が多く、そこに治療費や技術料といった別途料金を加算していくことになります。治療費や技術料は医院によって違いがあり、1本あたり数万円程度になることが多いです。

医院での治療回数は、治療をする本数によって違いがありますが、早い場合で2回で済みます。治療をする本数が増えると3回以上にわたって通院することが必要になる場合があります。これとは別に初回にカウンセリングを受けることが必要になり、治療方針はカウンセリング時の話し合いで決定されます。

初回のカウンセリングは無料のケースが多く、どのようなことでも気軽に相談することができます。予算に応じて使用する素材を変えることができるため、価格に関することも気兼ねなく相談することが可能です。予算が足りない場合は、普通のオールセラミックなら治療可能になる場合がありますので、まずは相談することが大切です。