保険治療でも差し歯を作ることは可能です。虫歯などで大きく削れてしまった歯を差し歯にすることで噛む機能を回復させることができますが、保険治療では銀歯になってしまうのでお口の中でとても目立ってしまいます。

そこでジルコニアセラミックの人気が高まっています。

奥歯に最適!ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアセラミックは人工ダイヤモンドを使用したセラミックで、従来のセラミックよりも耐久性が高く噛む力にも耐えられるというお口の中に適した材料です。

今までは奥歯にセラミックを使用すると割れてしまったり欠けてしまうという恐れがあるためセラミックは奥歯に向いていないとされていましたが、ジルコニアセラミックであればそのような心配もありません。

適度な硬さを持っているので噛んでいる歯を傷つけることもなく本物の歯のように使用できます。ただ従来のセラミックに比べると光の透過性が少なくなるため、前歯など目立つ場所にジルコニアセラミックを使用するとその少し不自然な白さが際立つため、審美性よりも強度が必要な奥歯には適している素材と言えます。

費用

ジルコニアセラミックは通常のセラミック治療と同様保険外治療なので、費用は高くなる傾向にあります。

差し歯を1本作るのに平均で13万円ほどかかってしまいます。あくまで平均ですのでこれよりも安い価格や高い価格で行っている歯科医院もあります。

見た目がきれいで噛む力にも耐えられるという人体にやさしい素材で、金属を一切使わないのでアレルギーの恐れもなく長期間きれいな状態で使えます。

奥歯の差し歯治療をしたけど銀歯だから笑ったときに見えて気になる、もしくはこれから差し歯治療を受けるという方であればジルコニアセラミックをこの機会に考えてみるのもいいでしょう。