一昔前までは、虫歯治療の際には銀のかぶせものをして銀歯になることが主流でした。しかし近年ではセラミック治療を受ける人が増え、以前の銀歯をセラミック治療で、白い歯に変えるという人も増えてきています。



【広告】

差し歯や被せ物に使用されるジルコニア

奥歯の被せ物などの治療に用いられているのが、ジルコニアセラミックです。そんなジルコニアセラミックは、ダイヤモンドの代用品として使用されるほど硬い素材です。硬さだけでなく、屈折率もダイヤモンドに近い事から人工ダイヤモンドの素材にも使用されています。

主に歯科用として使われるものは同じような成分でありながら、白く、硬く、柔軟性のある材料として改良されました。これまで使われていたセラミックは強度が不足していたので金属が使用されていましたが、ジルコニアを用いてかぶせものやブリッジができるようになりました。

メリット

そんなジルコニアセラミックを使用するメリットは、現在治療で使用されている素材の中で最も硬いという事です。噛み合わせの際に大きな負荷がかかる奥歯には最適であるといえるでしょう。そして強度に優れていることからブリッジやインプラントにも使用することができます。今までのブリッジやインプラントの際には、強度を補うために金属が使われていました。これにより歯茎が黒く見えてしまうことがありましたが、この点も解消することができます。

そして口腔内は酸性やアルカリ性、熱い、冷たいなど、環境が大きく変化します。しかしセラミックは安定感があるので、口の中で変色することはありません。この安定感により、金属アレルギーを起こさず、体に優しいということも大きなメリットといえるでしょう。

このように歯や歯茎に自然に馴染みつつ悪影響を及ぼす事がないのは、ジルコニアセラミックが持つ親和性ならではです。そして金属のように口の中で溶け出し、被せ物を黒く見せてしまうといった心配がありません。しかも金属では起こりがちだった変形も起こらないとあって、非常に精度が高いというメリットもあります。また、金属を使用するよりも1/3も軽い事から重さを感じにくい上に体のバランスが崩れる心配もありません。

デメリット

このように、ジルコニアセラミックを使用するメリットは大変豊富です。しかしメリットがあれば当然ながらデメリットも存在します。

そこでどのようなデメリットが存在するのかもしっかりと把握しておく事が重要です。

まず硬いというメリットが反対にデメリットになることもあります。歯よりも硬いために、噛み合わせの際に自分の歯を傷つけてしまう可能性があります。噛み合わせの調整をしっかりと行い、よく磨いて噛み合わせの際にぶつかる自分の歯を傷つけないようにしなくてはなりません。

続いて費用がかかるという事。これまでのセラミックと比較するとおよそ20%から30%高額になる傾向にあります。その上保険の適応外であるということも費用が高くなってしまう理由の一つです。つまり、これまでのセラミックよりも20%から30%高額であったとしても全額自己負担となります。どのくらいの費用がかかるのか、事前にしっかりと説明を受けるようにしておきましょう。

さらに、これまでのセラミックよりも透明度が低いという点も、審美性を重視する方にとってはジルコニアのデメリットとなるでしょう。しかし透明度はジルコニアのフレームにセラミックを焼き付ける事で確保出来るのでそれほど大きな影響はありません。

ジルコニアのフレームにセラミックを焼き付けるIPS e.max

制作を行う技工士の技術

制作を行う技工士の技術が、ジルコニアセラミックの寿命にそのまま反映されるという点も考慮しなければいけません。技工士の技術が優れていれば、当然ながら長持ちします。しかし安いだけで品質が伴わない歯科で治療を受けてしまうと寿命が短くなってしまう可能性は十分にあります。

寿命だけでなく、しっかりと適合するかどうかも、技工士の技術にかかっています。その為、優れた技術を持つ信頼出来る技工士に依頼できるかどうかが大きなカギを握っていると言えるでしょう。