日本では、虫歯や歯周病によって歯を失う人が増えています。歯を失った場合、新しい歯を入れることになりますが、前歯の場合は仕上がりの美しさからセラミッククラウンを選ぶ人が少なくありません。

前歯に人気のセラミッククラウン

金属を使っている保険の差し歯だと、費用は安いものの歯茎が黒くなるリスクがあります。しかし陶器で作られているセラミッククラウンは歯茎が黒くなる心配がなく、金属アレルギーの人でも安心です。

ただセラミッククラウンは強い力がかかると欠けてしまうこともあります。そのため最近はジルコニアセラミッククラウンの人気が高まっています。

ジルコニアセラミックにする費用

ジルコニアセラミッククラウンは高い強度と耐性を持っており、耐熱性にも優れています。そのため強い負荷のかかる奥歯などはジルコニアセラミックが使用されることがほとんどとなっています。

または前歯でもブリッジという歯を連結させた差し歯にする場合は、通常のセラミックだと強度が足りなくなってしまうためジルコニアセラミックが使われます。ジルコニアであれば強度が高いため、ブリッジにした際も硬さが足りないということにはならないためです。

前歯をジルコニアセラミックにする費用は本数によりますが、ブリッジであれば1か所の欠損した歯に対して両隣の歯を削って被せる形になりますので3本分の費用がかかることになります。

この場合1本8万円とすると、前歯のジルコニアセラミックブリッジの費用は24万円ほどという計算になります。しかしジルコニアは治療を受ける歯科によって料金が大きく異なるものですので、安いところであれば15万円程度、高いところであれば40万円以上になるなど、同じものでも金額は全然違うことが多いです。

なので費用に関しては相場価格をしっかりと把握して、それぞれの歯科を比較して検討することが大事だと言えます。

セラミック治療が歯科治療を変える

セラミックは体に対する親和性も高いため、最も注目されている歯科素材でもあります。そしてジルコニアセラミックの登場で歯科治療が変わりつつあります。軽いのに耐久性の高い素材であるため歯にかかる負担が少なくて済みます。

またセラミックは天然歯のように透明感があるため見た目が非常に美しく、本物の歯と区別がつかないくらいです。そのため特に女性に人気が高く、オールセラミッククラウンを選ぶ女性が増えています。セラミック治療は安全性が高いのも魅力のひとつです。