インプラントの被せ物や差し歯などの治療に広く使われているのがセラミックです。

一般にセラミックは陶器や陶磁器と同じ素材であるため、どうしても割れやすいという面がありました。そのため寿命がそれほど長くないというのが現実でした。

しかし、最近歯の治療に使われるようになったセラミッククラウンの中でもジルコニアセラミックというものがあります。この素材は耐久性の高い素材として多くの注目を集めるようになっています。



【広告】

ジルコニアは人工ダイヤモンド?

実はこのジルコニアと呼ばれる素材は、一般に人工ダイヤモンドと呼ばれることがあるほど硬い素材であることで知られています。

被せ物をこのジルコニアセラミック素材で作ることによって、見た目をきれいで自然なものにすることができるだけではなく、被せ物の寿命をさらにのばすことができるようになりました。そのためこのジルコニアセラミックの義歯は、強い力がかかりやすい奥歯などに適していて近年とても需要が伸びている素材です。

今までのセラミッククラウンは透明感や質感、輝きなど人間の本物の歯に非常にそっくりであるために義歯として使用しても周囲から義歯だと見破られにくい点で人気がありましたが、奥歯には向いていないとされてきました。それがジルコニアセラミックの登場により奥歯も白いオールセラミックにすることができるようになったのです。

もちろん一般のセラミックよりも丈夫で寿命が長い素材とは言え、ジルコニアセラミックはあくまでも陶器の素材です。人工ダイヤモンドの素材と聞くと値段がとても高そうに感じますが、陶器素材であるジルコニアセラミックの原価は極端に高くなるわけではありません。

ただし、ジルコニアセラミックでインプラント治療や差し歯の治療を受ける場合、保険がきかない自費診療となるためそれなりの費用はかかることでしょう。しかし、上手に歯科を選ぶことで丈夫で寿命の長いジルコニアセラミックを安い費用で使うことができます。

ジルコニアセラミックの寿命

ジルコニアセラミックの寿命はどれくらいなのでしょうか。

ジルコニアセラミックの耐用年数はおよそ10年前後となっており、いったん義歯を作ると10年程度は特にメンテナンスもいりません。

レジンや金属の義歯は欠けたり変色したりといったトラブルが起きやすいのですが、ジルコニアセラミックは変色や割れにも強いのが特徴です。ジルコニアセラミックは通常のセラミッククラウンよりもさらに強度があるため、歯ぎしりの症状がある方やスポーツや仕事で歯を食いしばることが多い人にぴったりです。

ジルコニアセラミックは保険が適用されないため他の素材より多少高価ではありますが、見た目のよさ、頑丈さと寿命を鑑みればコストパフォーマンスに優れています。

ただこの寿命が10年というのも、あくまで再治療に来た患者の統計から計算されているだけですので、再治療に来なければいけなくなった患者さんはだいたい10年前後で来ることが多いというだけの話です。

20年以上ジルコニアセラミックの奥歯で過ごしているけど何ともないという人はたくさんいるでしょう。長く使うためには日々の歯磨きなどしっかりケアをしてメンテナンスを怠らないことが一番寿命を延ばすことに繋がる要素です。