歯の治療でセラミックを考えている方はたくさんいるのではないでしょうか。

セラミックでも十分な人もいるのですが、奥歯などで大きな力が加わると欠けてしまうことがあります。そんな人にオススメなのが、セラミックの中でも強度の高い素材のジルコニアというものです。



【広告】

ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアセラミッククラウンという名前を聞いたことのある人もいるでしょう。

ジルコニアはセラミックの中で一番硬いものなので、衝撃にもつよく欠けにくいのです。しかしジルコニアは透明度が少ないため、前歯に使ってしまうと少し違和感が出てしまう可能性があります。

そのため奥歯に使われることが多いです。また硬い素材のために奥歯に使用した場合に噛み合っている箇所を傷つける可能性もあり、信頼できる歯科医に細かい調整をしてもらうべき治療なので注意が必要です。

そして価格ですが、ジルコニアセラミックは通常のセラミックよりも高くなってしまい、今までのセラミックよりも2、3割高い価格になります。ジルコニアを前歯に使う場合は、透明度が足りないジルコニアの性質を補うためにセラミックを被せたりもしなければならないので、さらに価格は高くなることが考えられます。

ジルコニアにセラミックを焼き付けるIPS e.max

そして作成するのに時間もかかってしまうため、セラミックよりも多めに時間を見積もる必要もあります。

歯ぎしりや強く噛んでしまう人には

強い力を与えてしまいがちな人には、値段は高くなりますがジルコニアが向いているでしょう。

何度治療しても欠けてしまっては意味がありません。ついつい食いしばってしまう人もいます。何かをしているときに、気づかないうちに力が入っているのです。そういう方にもジルコニアはオススメですし、寝ているときに歯ぎしりをしてしまう人にもオススメです。

そういった癖のある人の場合、程度によってはマウスピースを使ったほうが良いと言われることもあります。

金属を使用しないことのメリット

今まで歯科治療には金属が多く使われてきました。保険が適用されるので安く、噛む強度にも耐えられるからです。

しかし金属は見た目が悪く、イオンが溶け出すことで歯茎まで黒ずんでしまったり、金属アレルギーを引き起こすこともありました。そこでセラミックの白い素材が使われるようになりましたが、セラミックは一カ所に多くの力がかかると割れてしまうというデメリットがありました。

そんな中最近使われるようになったのが、ジルコニアを含むセラミックです。メリットとしては、金属を使用しないため金属アレルギーになりにくいということも挙げられます。金属アレルギーを持っている人は多く、軽度から重度の方までいますがアレルギーを発症したら大変です。

金属を使用していると金属イオンが溶け出して歯肉が黒くなったりすることがあります。セラミックの差し歯であれば金属イオンが溶け出すことはないので、より綺麗な状態を保つことが出来るでしょう。

またプラークがつきにくいとも言われていますので、清潔な口腔を保つことが出来ます。そして金属よりもとても軽いので小さな子供や女性にも嬉しいです。左右でのバランスを崩したりせずに治療が出来るのは将来を考えても安心です。

欠点・デメリットを理解する

ジルコニアはいい素材なのですが、デメリットもあります。健康保険が適応されないので治療費が高額になってしまうということもその一つ。

クリニックにより差はありますが、1本あたり9~15万円ほどの費用がかかります。複数本の歯を一度に治す場合には割り引かれることもありますが、高額になることには変わりありません。

またジルコニアは自分の歯よりも硬く、噛み合わせているうちに受ける側の歯が削れていってしまうというデメリットがあります。事前の噛み合わせの調整をすることで、ある程度防ぐことができますが、年齢と共に噛み合わせは変わっていきます。定期的に様子を見てもらうようにすると安心でしょう。

ジルコニアはツルツルしているので汚れが付きにくいですが、境目から菌が入ってしまうと虫歯などの病気の原因になってしまいます。歯磨きはいつも以上に意識して行うようにしましょう。

そして勘違いしてはいけないのが、ジルコニアは絶対に割れないというものではありません。過度な力が加わってしまうと割れる危険性があります。日本で認可を受けたのが、2005年なので、実用化してからそれほど長い年月がたっていません。長期的なデーターがないので、どの程度の耐久性があるのかはまだ分からないというのが実際のところです。

さらに削る量が多くなってしまうというデメリットもあります。きれいな色を出すためや強度を出すためにクラウンを厚く制作する必要があり土台となる歯を削るのですが、金属などに比べるとその量が多く健康な部分まで削らなければいけないことがあります。

ジルコニアは新しい素材で人工ダイヤモンドとも呼ばれるほど高い強度があり、高熱にも耐えることができるので、お口の中に向いています。金属よりも軽く、装着しても違和感を感じにくいというメリットもあります。長期間使っても変色や劣化がなく安定している素材といったような様々なメリットがあり、日本だけでなく世界各国で使われています。しかし欠点・デメリットもあるということを知って治療に活用しましょう。

長くいいものを使うために

人間の歯は削ったり欠けてしまうと、二度と元の状態には戻りません。そのため修復をしなければ噛みにくくなり、見た目も悪くなってしまいます。痛みをそのままにしていると、症状はどんどん悪化してしまうため、気づいたらできるだけ早く受診するようにしましょう。

そしてジルコニアにはメリットもたくさんありますが、デメリットもかならずあります。自分にとって何が一番重要かを考え、専門家と相談して良い方法を決めると良いでしょう。

一生自分の歯でものを食べたいと皆が考えているでしょう。そのためこれから先の長い人生を考えて無駄のないように、また長く使っていけるように考えていく必要があります。情報がたくさん出回っていますが何でも信じることをせず、分からないことは専門家に尋ねるようにしましょう。綺麗な状態を保てるように、最善の方法を考え、実行することが大切です。