審美歯科での治療の値段が高いのは、美容目的の治療となり健康保険が適用されない為です。

差し歯や被せ物を作る時、オールセラミックを選択すればとても綺麗で自然な見た目に仕上がるだけでなく、使っている間に変色をする事が少ない為いつまでも綺麗な歯の笑顔に自信を持つ事ができるようになります。

それに対して健康保険が適用されるプラスチックの歯というのは、時間と共に変色しその歯の色だけが不自然に目立つようになります。奥歯の場合は銀歯による被せ物が一般的ですが、大きく口を開けた時に目立ってしまうのではないかと不安になる人は少なくありません。

それに対してオールセラミックは治療費が多少かかる事になりますが、治療後の歯に自信を持つ事ができます。そんなオールセラミックによる治療の値段は、歯科医院がそれぞれ設定しており、現在は意外と安い価格で治療可能な歯科医院もあります。

セラミック歯の値段が安い審美歯科

見た目の美しい歯を取り戻したいと考えた場合に有効なのがオールセラミックを選ぶ事です。

ただプラスチックの歯の場合は健康保険が適用され比較的安く治療が可能なのに対し、オールセラミックの歯というのは見た目を綺麗にする為の治療と見なされ健康保険が適用されません。

その為全額自己負担となり、治療費は高額になってしまいます。高額な治療費が問題でオールセラミックの歯を諦めプラスチックの歯を選ぶという人は少なくありませんが、治療費というのは選ぶ歯科によって大きく変わってきます。

審美歯科によっては従来よりも安い価格で治療を受けられるようになっています。安い価格で歯を作る事ができるだけでなく、しっかり品質の高いものを提供している審美歯科が人気となっています。

安いだけでなく高品質

審美歯科で利用するオールセラミックの歯は安いところだと品質に不安があると思われがちですが、一流メーカーのものを使っている審美歯科を選べばそれを心配する必要はありません。

セラミックの材料ですがイボクラールのIPS e.maxやセルコンのジルコニアといったものが使われています。イボクラールのIPS e.maxは多くのセラミックを取り扱っている歯科で使用されていて、高品質と言われており前歯によく使われています。セルコンのジルコニアは人工ダイヤモンドに近い材質になりますので、とても硬く衝撃に強いから奥歯に使用され信用度が高いオールセラミックです。

これらの品質の高いオールセラミックを使用しているからこそプラスチックと違って丈夫であり変色もしません。一般的なクリーニングやメンテナンスをしていれば長く美しさを保つ事ができますからコストパフォーマンスも良く歯自体の料金が少し高くても結果的に安いとも言えます。

またアレルギーの心配もありませんから多くの方に利用してもらう事ができます。

価格に見合う価値

歯に自信を持つ事が出来なければ歯を出して笑う事や大きく口を開ける事に抵抗を感じ、表情に自信を持てない状態になってしまう事も少なくありません。

それを考えると健康保険適用の歯にこだわらず、オールセラミックの歯を考えてみる事がおすすめです。

勿論プラスチックの歯に比べれば治療費は高額となりますが、オールセラミックの歯の場合変色が少ない状態で長い期間使い続けていく事ができます。こうしたメリットを考えると、一時的に治療費がかかってもオールセラミックを選んでおいて損はありません。審美歯科を比較検討して、納得ができる価格と品質の審美歯科を探しましょう。