歯並びの問題はお口の中に対する意識の問題にもつながります。日本では八重歯のことをかわいいという流れがありましたが、海外ではドラキュラの歯と呼ばれ決していいものではありません。犬歯が飛び出た状態なので唇が閉じにくかったり食べ物がはさまるなどの問題もあります。出っ歯などもコンプレックスになることが多い歯並びの一つ。

そんな出っ歯や八重歯をきれいな歯並びにするためには矯正治療が必要です。ただ矯正は歯にワイヤーをかけることで少しずつ歯を動かしていく治療です。時間がかかり八重歯や出っ歯のような前歯ではワイヤーの装置が目立ってしまうというデメリットがあります。



【広告】

出っ歯・八重歯を矯正する

歯が重なり合ったり、真っ直ぐ生えず捻れたりして全体にデコボコと歯並びが乱れるのは、顎に比べて歯が大きいか歯の大きさと比較して顎が小さいことが原因にあります。歯と顎がサイズ的に合っていないことで本来なら歯が正しく並ぶはずのスペースが少ない状態になり、永久歯が生える際に乱れた歯の生え方をしてしまいます。出っ歯や八重歯もこのような原因で生える歯の一種です。デコボコとした歯並びは審美的に優れないだけでなく、放置しておくと虫歯や歯周病にかかりやすくなるため、早めに改善することが大切です。

出っ歯・八重歯の矯正の場合、全体的に歯並びを治すのか部分的に治すのかで治療方法が変わってきます。上下の歯全体を綺麗に整えたい場合は時間はかかるものの歯列矯正を行う必要がありますが、できるだけ短期間にきれいに治したいという人、または全体的な矯正は必要でない場合や歯の色や形にも問題がある場合は、審美的な治療も兼ねるセラミック矯正がおすすめです。

セラミック矯正

セラミック矯正は歯を動かすのではなく矯正したい歯を削り、そこにセラミックを素材とするクラウンを被せて固定する治療法で、短い期間で歯並びに加え歯の色や形も改善できるのが特徴です。削るときとセラミックを装着するときの最短2回の治療で歯並びをきれいにすることができます。もちろん事前にカウンセリングを行うことでどのような状態になるのかを詳細に相談できます。またセラミックは自然の歯に非常に近い見た目を持ち周囲の歯に合わせて白さを調節することができます。

削ってからセラミックが入るまでの間は仮歯が入るので歯がなくて困ってしまうということはありません。短期間で八重歯などの歯並びの悩みを解決することができる新しい治療法です。

ただオールセラミックは高い治療費がかかることが多いです。1本あたり数万円の費用がかかってしまうため、例えば前歯の数本だけをキレイにする場合でも数十万円の費用がかかります。しかし従来のワイヤー治療ですともっと高い費用がかかってしまうことが多いです。ケースにもよりますが高級車が買えてしまうくらいの金額になってしまうこともありますので、負担としては決して小さくありません。オールセラミック治療も安いものではないものの、しかしながら従来の治療と比べるとリーズナブルに受けることが可能です。

ワイヤー矯正は費用が高く時間がかかる

歯並びを治す方法と言えばワイヤーを用いるやり方が主流です。ただワイヤー治療ですと長く時間がかかってしまうという短所があります。また装置を付けたまま生活をしなければいけないため、審美的な問題で治療を決断しにくいという声も多いのです。しかしより短期間で美しく歯並びを治す方法もあります。その内のひとつが前述のオールセラミック治療です。

セラミック矯正やクイック矯正と呼ばれるこのオールセラミック治療は削った歯の上にセラミックを被せるというものですが、早ければ全体で1ヶ月ほどの期間で治療を終えることができます。ワイヤー治療の場合は数年に及んでしまうこともあるため、それと比較をすると格段に短い期間で済ませることができる代わりに、健康な歯を削らなければいけないという大きなリスクがあります。

コンプレックスを解消する価値

健康な歯を削って矯正することになりますが、身体の中でも歯はコンプレックスにもなりやすい部位です。健康な自分の歯をできるだけ残そうとしても年齢を重ねれば差し歯にしたりと自分の歯だけで生きていくことは難しいです。歯並びを整えることでコンプレックスが無くなればそれだけの価値があるともいえます。

普通の歯並びの矯正の場合は100万円以上かかることが多いですが、オールセラミック矯正の場合は1本あたりが5万円以下が相場となるため、前歯を4本矯正しても20万円程度で治すことが可能です。また通常の矯正であれば長い年月をかけて歯を動かしていきますが、オールセラミック矯正の場合は最短で2回の通院で治療を完結させることが可能になります。

他の治療がなく歯並びの矯正だけの治療であれば2週間以内に終わらせることもできます。ただしオールセラミック矯正は価格が安いとはいえ保険がきかない自費診療となります。歯科によっても設定されている価格が異なるため、歯科選びが重要になってきます。