芸能人などのメディアへの露出が多い人から、一般の人まで、幅広い人がホワイトニングを行っています。名前を聞いたことがあるという人も少なくないでしょう。しかし、ホワイトニングとは?という疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。



【広告】

ホワイトニングとは?

ホワイトニングとは、歯の色を白く明るくしてきれいに見せる施術のことを指します。歯の施術のためクリーニングと混同されることが多いですが、歯の着色汚れや歯石などを取り除いてきれいにするクリーニングとは異なり、専用の薬剤を用いて歯を白くしていく施術です。

歯の表面を傷つけることなく、歯の中にある色素を薬剤を使用することで分解して、白く明るい色にしていくことができます。そのため歯を削ったり抜いたりすることなく、きれいに見せることができるため多くの人から注目を集めているのです。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、大きく分けて二種類あります。

ホームホワイトニング

一つは、「ホームホワイトニング」と呼ばれるものです。これは、薬剤が入っているマウスピースを歯に装着して行うという方法です。歯科医院へ行き、自分の歯に適したマウスピースを作成してもらって、それを自宅に持ち帰って装着します。

自宅でマウスピースに薬剤を入れてできるので、時間に余裕がないという人でも行うことのできる方法だと言えるでしょう。少し効果が現れるまで時間がかかることがありますが、継続して薬剤を塗布していくため、色が元に戻ってしまうということも少なく、多くの人が利用しています。しっかりと確実に効果を出したいという人におすすめされる方法となっています。

オフィスホワイトニング

二つ目に、「オフィスホワイトニング」という方法が挙げられます。これは、歯科医院へ行き、一本ずつ直接薬剤を塗布して漂白していく方法になります。通院が必要になりますが、一本一本の歯の白さを見ながら施術を受けることができるので、きれいな仕上がりになります。

薬剤の種類や効果、漂白したい歯の本数によって費用が大きく異なってくることがありますが、短期間で効果が出るので、すぐに白くしたいという人に向いている方法だと言えます。

デュアルホワイトニング

さらに、これらの二つの方法を併用して行う「デュアルホワイトニング」も効果的です。自宅でマウスピースを使用して薬剤を塗布しながら歯科医院に通院して、医師の施術を数回受ける事によって、効果をさらにアップさせることができます。そのため、効率が良い方法だと言うことができるでしょう。

このように、いろいろな施術方法があるので、自分に合った方法を選んで行いましょう。

これらの施術を受けることで、歯がきれいに白く輝いて見え、清潔感を与えることができます。また若々しい印象になったり、周囲に気兼ねなく歯を見せて笑うことができるようにもなるでしょう。

日本人の歯は世界的に見ると汚い?

まだまだ日本では歯の健康や歯の美しさについて意識が高い方はそれほど多くはいらっしゃいません。欧米では、歯の矯正や歯をいかに美しく見せるかについて、芸能人の方やモデルの方など、人に見られる仕事をされていらっしゃる方以外でも、一般の方も歯の美しさに関しては非常に意識が高い傾向にあります。

だんだんと日本でも自分の歯の美しさについて意識が向く方が増えてきてはいますが、欧米に比べるとまだその水準は低いと言えます。しかし、自分の歯をより美しくすることで、違った世界が広がることもまた事実です。

歯の色が悪いと歯を見られることがコンプレックスとなり歯を見られたくない為に話すことに苦手意識を持ったり、写真などを取る際に歯を見せて笑う事を避けたりする方も少なくありません。歯にコンプレックスがあるだけで人に与える印象は変わってきます。特に写真などは後々まで残りますので、健康的なイメージを印象づける為には、美しい歯を見せることは重要です。

ホワイトニングはした方がいい

そこで、より白い歯を手に入れる為に今回解説しているようなホワイトニングをおすすめします。

ホワイトニングとは?と聞かれてすぐに答えることが出来ない方もまだ多いのですが、ホワイトニングは歯を削ることなく、自分の歯を美しく白くする施術のことです。最近では歯磨き粉でもホワイトニング効果のある歯磨き粉が市販されていますので、より私たちの生活の中に手軽に取り入れることが出来るようになりました。ただし、市販されている歯を白くする効果があるとうたっている歯磨き粉の中には、歯を白くする成分ではなく、研磨剤が入っている物もありますので、使用する際にはよく成分を確認しておくようにしましょう。

そして歯磨き粉でのホワイトニングは、本来の自分の歯の色に戻すという目的のホワイトニングになります。つまり汚れなどを落として元の色にする効果はありますが、元の色より白くすることはできないものです。

タバコを吸われる愛煙家の方は歯にヤニ汚れがついて黄色く着色汚れがついてしまったり、ワインやコーヒーを愛飲される方も歯に着色汚れがよく付着している傾向にあるので、そういった方の歯には効果があるでしょう。ですが人間の歯は本来真っ白ではなく黄色がかっているのが自然ですので、市販されている歯磨き粉では芸能人のような白い歯にすることはできません。

より自分の歯を美しくしたいと願われる方は、やはり専門家のいる審美歯科へ行き、どのような施術があるのかをご相談される事をおすすめします。自分のなりたい歯の白さがどのくらいかによって、また今の歯の色の状態や歯の状態をみながら担当医の先生が色々とアドバイスをされるはずです。

審美歯科のホワイトニング

審美歯科などで歯をホワイトニングする際には、一般的に歯に歯を白くする塗料を歯に塗る施術が一般的です。ただし、日常生活において歯をきれいに保つ努力を継続して行わないと、歯の色は徐々にまた元に戻って行ってしまいます。

まず、歯科でホワイトニング施術を受けた後にすぐにコーヒーなど色が強い物を飲んだり食べたりすることは避けましょう。施術から時間を置いてからタバコやワインは楽しむようにしてください。また、歯の状態によっては何度か施術を受けなければならない場合もありますので、通院回数が何回必要なのか、また合計でいくらぐらいの費用になるのか等担当医の先生に最初の診察の時に確認しておくことをおすすめします。

施術を受けてみたいという際には、近くのクリニックなどへ行って一度医師に相談してみると良いでしょう。費用はクリニックによって細かく異なってくるので、調べてみましょう。

虫歯治療をした部分は白くならない

注意したいのが「虫歯治療をした部分は白くならない」ということ。いくら周りの歯を白くしても、虫歯治療痕のある歯が白くならなければそれがより目立ってしまいます。

そういった歯はホワイトニングで効果が出ることはないので、近年では歯の表面を削ってセラミックのチップを貼り付けるラミネートべニア、セラミックの被せものを被せるオールセラミック治療などで白く自然な歯を手に入れる方も増えています。