歯というのは白いものというイメージを持つ人は少なくありませんが、日本人の歯は黄色い事が一般的です。

そんな中、モデルや芸能人等はとても白くて綺麗な歯をしている人が多くいます。

ホワイトニング

そんな白くて綺麗な歯になりたいと考えた場合に、有効な方法が、審美歯科で行われているホワイトニングの施術です。

歯の色が黄色くなってしまうのは、日常生活の中、汚れが付着していってしまう為です。歯磨きをしっかりとしていれば歯の汚れは付着しない、白くて綺麗な歯を保てるというイメージを持つ人は少なくありませんが、歯磨きだけでは落ちない汚れが徐々に付着をしていく事で、歯の色は黄色く変色をしていく事になります。

ホワイトニング用歯磨き粉の効果

ホワイトニング用歯磨き粉というのは、そんな歯磨きだけでは落とす事が難しい歯の汚れを落とし、本来の歯の色を取り戻していくという形になります。

汚れを落とす事ができる薬剤で、汚れを取り除いていくという形になる為、歯が弱くなったり、もろくなったりするという事もなく、安心して毎日使うことができます。

審美歯科でのホワイトニング治療と料金

審美歯科でのホワイトニング治療と行っても、歯を溶かして白くしていくというイメージを持つ人もいますが、歯を溶かしたり削ったりする事はありません。

ただ、虫歯がある、歯に傷があるという場合等は、薬剤が歯の内側まで入り込み、強い痛みを感じてしまう事があります。

そんなホワイトニングの治療というのは、健康目的ではなく美容目的の治療となる為、健康保険が適用されません。ですから料金はやや高めになっていますが、審美歯科の選び方や治療法によって、料金は大きく異なります。

施術法

この施術にはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類があり、どちらかの方法を選んで受けるのが一般的ですが、より高い効果を求める人は両方を併用するデュアルホワイトニングをすることもあります。

オフィスとホームの決定的な違いは、オフィスは歯科医院の中で施術を受けるタイプ、ホームは家で道具を使って施術を行うタイプだという点になります。どちらの方法を選べば良いのかは、自分がどのように歯を白くしたいかによって最適な方法が変わるため、この二つの違いを知って、自分に合いそうな方を利用してみてはいかがでしょうか。

オフィスホワイト二ングの流れと費用

まずオフィスホワイト二ングは、歯科医院に行って歯を白くする治療を受けたいことを伝え、院内で処置をしてもらう方法になります。

この方法の良い所は、短時間で歯を白く出来ることと、歯科医院のスタッフに施術をしてもらうことにより患者さんは座っていれば良いだけで簡単であることなどが挙げられます。

それに加えて、歯科医院では希望する歯の白さを聞いてくれるので、真っ白い歯から自然な白さの歯まで、自分が求めている位の白さに近づけるような施術が受けられる点もメリットと言えます。

オフィスタイプで歯を白くする治療の流れは、初めに医師からの説明があり、歯の状態がホワイトニングをしても大丈夫な状態であるかどうかを確認します。それから歯の汚れを取り、歯と歯ぐきの境目を保護してから、歯の表面に専用の薬剤を塗って、その後施術に必要なライトを当てるという流れになっています。

歯科医院での施術は、クリニックによって使用している薬剤やライトの種類が違うことにより、施術にかかる時間が変わってきますが、大体の流れは同じで、1回の治療で歯の色が変わったことを実感出来る点が魅力です。

料金は歯科によりますが、オフィスホワイトニング1回あたり3万円程度であることが多いです。

ホームホワイトニングの流れと費用

一方、ホームホワイトニングは初めに歯科医院で自分の歯の形に合ったマウスピースを作ってもらい、医師からの説明どおりに自宅でそのマウスピースに歯を白くする薬剤を入れて装着するという方法で施術を行います。

マウスピースを装着する時間は大体一日に数時間位で、それを一週間ほど続けることで歯が白くなってきたことを実感出来るようになっています。

ホームタイプで歯を白くするためには、自分でコツコツと施術を続ける根気が必要になりますが、歯を白く出来てから色のキレイさが長持ちする期間が長いというメリットがある方法です。

費用はマウスピースを作成してもらう料金が1万円程度であることが多く、薬剤はネットで探せば安くて効果の高いものが1本数千円で購入することができます。

どちらがいいのか

料金面で言うと、歯科で歯に薬剤を塗布した後にレーザー等を照射していくオフィスタイプの方法の場合は治療費はやや高めとなるのに対し、マウスピースを作り自宅で歯に薬剤を浸透させていくホームタイプの方法であれば治療費はやや安くなります。

そして1回のみの治療費を考えておくのではなく、複数回の治療を受けた場合の治療費を意識しておく事が大切です。

更に、治療によって白くなった歯は半永久的に白い状態が続くかといえばそうではなく、使っている間に再び汚れが付着していく事になります。ですから良い状態を保つ為には、定期的に治療を受ける事が重要になってきます。

その為、白くて綺麗な歯でいる為には少し費用がかかる事になりますが、ホワイトニングの治療を受ければ、理想の白さへと変えていく事ができます。

これからホワイトニングを利用したいなら、結婚式などの行事を近日に控えていて早く結果を出したい人はオフィスタイプ、じっくり時間をかけて歯を白くしていきたい人はホームタイプを選ぶと良いのではないでしょうか。

なお、一回目は歯科医院で施術を受けて歯を白くし、その後自宅での施術を続けて歯の色を更に白くしたり、白さをキープするという方法は歯科医院でも推奨されているので、ずっとキレイな歯でいたい人は二つのホワイトニングを併用することも考えるのが良いでしょう。

虫歯治療をした部分は白くならない

注意したいのが「虫歯治療をした部分は白くならない」ということ。いくら周りの歯を白くしても、虫歯治療痕のある歯が白くならなければそれがより目立ってしまいます。

そういった歯はホワイトニングで効果が出ることはないので、近年では歯の表面を削ってセラミックのチップを貼り付けるラミネートべニア、セラミックの被せものを被せるオールセラミック治療などで白く自然な歯を手に入れる方も増えています。