銀歯が気になっており、口元を開けて笑えないという人もいるでしょう。



【広告】

上の奥歯を銀歯にすると目立つ

口元の金属は意外と目立つものですし、上の奥歯でも気になってしまうことは多いです。

保険診療といえば金属というイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかし、最近では保険適用でも白い被せ物を使えるようになってきています。日本でも美しい歯と歯並びが重視されるようになってきており、見た目だけでなく健康面でもセラミックの被せ物が注目を集めています。

金属の被せ物は保険が適用されますし、費用を抑えて最低限の治療をしたいという人には向いています。

そのため日本では多くの人が金属の被せ物を選んでいるということです。金属の被せ物にはさまざまなデメリットがありますが、やはり目立つことが気になっている人が多いでしょう。

上の奥歯にある銀歯は笑った時や口を大きく開けた時に目立ってしまいますし、見た目の印象があまり良くありません。

また、長期的に金属を口の中に入れることにより、金属アレルギーが発生してしまうこともあります。

さらに、経年劣化で歯茎との間に隙間ができやすいですし、そこから入り込んだ汚れによって虫歯が再発してしまうこともあるのです。

レジンを使用した治療

保険診療では銀歯しか選べないと考えている人も多いのですが、レジンという素材を使用することもできます。

レジンはプラスチックで作られた素材であり、保険診療内で天然の歯に近い白さを実現できるようになっています。

小さい虫歯をレジンで白くするなら2000円くらいかかりますが、大きい虫歯なら10000円程度で白くすることができます。

しかし、レジンはプラスチックなので経年劣化がありますし、少しずつ変色してしまうことを知っておきましょう。

また、ベースが樹脂なので強度面に若干の不安があると言われています。

歯医者で治療を受ける場合、費用が気になってしまうのは自然なことです。

しかし、銀歯だと一度治療を受けても虫歯が再発してしまうことも多いですし、数年後には再治療が必要になってしまうでしょう。

セラミッククラウンを使用した治療

トータルの費用を考えたら他の治療方法を選択した方が安くなることもあります。

近年ではセラミッククラウンという治療方法も人気となっています。これは天然の歯とほとんど見分けがつかないほど審美性に優れており、変色が起こらないこともポイントです。

表面がツルツルしていて汚れがつきにくいですし、銀歯に比べてお手入れが簡単なことも人気の理由です。

また、金属を使っていないので体に優しい素材と言われています。