虫歯などにより歯を大きく削って治療した場合、そのままだと歯の噛み合わせが悪くなったり、治療後に虫歯になりやすいため、歯の上に詰め物をする場合があります。

歯の詰め物には様々な種類がありますが銀歯は保険が適用されるためセラミックなど1本あたり数万円かかる詰め物に比べ、1本あたり数千円と患者の負担する費用も少なく、もっとも一般的な詰め物だといえます。

また、強度の問題で奥歯に使えない詰め物素材も多いですが、銀歯は奥歯でも使用が可能です。

しかしながら経年劣化により金属が溶け出し歯や歯茎部分の黒済みの原因になったり、金属アレルギーの人に使えないという問題点もあります。

また、銀歯は熱伝導率がよい素材が使われているので冷たいものや熱いものを食べた際に歯の神経に刺激が伝わりやすく、歯がしみるような感じがする場合があります。

それだけではなくもっとも大きなデメリットといえば、やはり見た目の悪さがあげられます。前歯はもちろんのこと、奥歯にはめた銀歯も口を開けた際には意外と目立ってしまい気になるものです。



【広告】

銀歯やラミネートベニア・ティーシーズの費用と特徴について

歯は食べ物を噛むための機能も大切ですが、今日では見た目を気にする人も増えていることから、様々な治療が行われるようになってきました。

そのため、セラミックなど歯の色に近い素材が詰め物に使われることも多くなっているだけでなく、虫歯の治療とは別に歯の美しさのためにも様々な施術が行われています。

そのうちのひとつにティーシーズ(ラミネートベニア)というものがあります。

ティーシーズ(ラミネートベニア)の特徴とメリット

ティーシーズ(ラミネートベニア)とは歯を削ったり抜いたりすることなく、その人の歯型にあった歯のカバーのようなものを元の歯の上から貼るものです。

銀歯が虫歯の治療に使われるのに対し、ティーシーズは健康な歯の上からそのまま貼れる特徴から歯並びや歯の形や色を美しく見せるためだけでなく、歯と歯の隙間を埋めるといった効果が期待できます。

また、インプラントのように大がかりな施術も必要ないので身体への負担も少なく歯の矯正などに比べて施術期間も短いという点や健康な歯わざわざ削ってしまう必要もなく、治療に伴った痛みもないといったメリットもあげられます。

費用とデメリットについて

歯の見た目を重視した治療のため、保険適用外となり1本あたり1万円以上と金銭的な負担が大きくなるといったデメリットや歯の上からカバーを取り付けるため、歯がごわつく、出っ歯に見える、口を閉じづらいといった声もあります。

まだまだティーシーズの施術を受けられる歯科やクリニックは多くはありませんが、これから増えていきそうです。