審美歯科という言葉は既に有名ですが、具体的なことまで話が及ぶと審美歯科って何?一体どんなことをやっているの?と思っている方も多いはずです。

審美歯科とは?

審美歯科治療を行う目的として、歯を健康的に綺麗にしたい・白くしたい・歯の隙間や形を整えたい・歯茎の色や形を改善したいなどがあります。

銀歯が入っている人は目立たない詰め物に変えたいという要望もあるようです。このように人によって行う目的は様々であり、自分に合った治療法を見つけることが大切です。

歯の悩みは人それぞれです。虫歯の治療で詰めた銀歯が目立ったり全体的に黄ばんでしまったり、歯と歯の隙間が気になる人もいます。より美しい口元を求めて受けるのが審美歯科であり、様々な治療法が用意されています。

セラミック治療

最近では虫歯治療に使われた銀歯を、セラミックにかえる人も増えています。銀歯は強度が強くて費用も安いので広く用いられてきましたが、とても目立ってしまうのが難点です。

セラミックにすると天然の歯に近い質感となりますので見た目に違和感がありません。また、自分の歯と同じような硬度と柔軟性がありますので、破損しにくいというメリットもあります。他にも歯茎が変色するような心配がなく、金属アレルギーの人でも安心して利用できるという優れ物ですので、審美目的で取り入れる人も年々増えているようです。

審美歯科治療の場合もやはり虫歯や歯周病のケアと同じように定期的なメンテナンスが必要です。もちろん自宅で正しくブラッシングをすることで歯の着色をある程度は抑えることができますが、それだけでは徐々に着色汚れが目立つようになりますので、歯科医院を受診して定期的に専門的なチェックをしてもらうことが大切です。

美しい口元は清潔感を与えますし、きちんとした印象にもなりやすいので対人面でも有利になります。

ホワイトニングやクリーニング

具体的に行われている施術とは?最近よく聞くのがホワイトニングやクリーニングなどです。やはり着色汚れを何とかして落としたいと考える人が少なくありませんので、白くて美しい歯を手に入れるための施術がよく利用されています。

ホワイトニングのメリットを詳しく見ていくと、歯の表面に薬剤をつけて軽く溶かすことで行いますので歯を削らずに済むという点は見逃せません。削らないということは歯へのダメージが少なく、心理的な負担も小さくできますので、気軽に受けられる治療法です。

また、ホワイトニング剤の主成分である過酸化水素は高い安全が保障されていますので、安心して利用できるのも大きなポイントです。ホワイトニングの施術は皆同じような色になるのではなく、自分の希望の色に調節することができます。施術を受ける回数や期間によっても色の違いは生じますので、自分の理想に合わせて受けていくことが大切です。治療期間においてもメリットがあり、3回程度の通院で十分に綺麗になります。

ホワイトニングは自宅で行うことも可能ですが、その場合はホワイトニングケア用の装置を歯科医院で作ってもらう必要がありますので、その際に通院が必要です。自宅でホワイトニングを行う場合、2週間程度で効果が出る人もいれば数カ月かかる人もいます。時間はかかっても自宅で好きなようにケアできる方法ですので導入しやすいと感じる人が多いようです。歯科医院のように予約を取って通わなければならない煩わしさもありません。

クリーニングは本来歯に付着した汚れや歯垢などを取り除くための施術です。毎日きちんと磨いているつもりでも、歯茎の近くや奥歯などには磨き残しが発生しやすく、茶渋やヤニなどもいつのまにか付いてしまうことがありますので、定期的にクリーニングをすると良いようです。

実際のやり方としては、水とキメの細かな粉を高圧で吹き付けて表面の汚れを取り除く方法や、研磨剤を使って削る方法などがあります。研磨剤を使うとわずかでも歯を削ってしまいますので頻繁には行うことができませんが、水と粉で汚れを通す方法なら表面を傷つけずに汚れを取ることができます。

歯石や歯垢は歯周病や虫歯の原因になりますので、放置することはできません。酷い汚れが見られる場合には早急なケアが必要です。クリーニングのように歯の健康が主な目的のものと違い、ホワイトニングは歯の漂白を行うものですので見た目を変えることが主な目的です。