差し歯とはいったい?という疑問にお答えします。

差し歯とは?

差し歯というと、歯と歯の間に歯を差すことなどと間違えられやすいですが、それは違います。差し歯とは、歯の表面が虫歯などでだめになったときにそこに詰め物などをして治療することを差し歯といいます。

差し歯は、虫歯を削り取ってその歯に詰物を差すので歯に差す差し歯といいます。そのため、歯の治療では一番多いケースで保険治療の代表です。

そのため抜歯して歯がなくなったところにかわりの歯を入れるのは、差し歯ではなくインプラント治療になります。抜歯をすると最初は穴が開いていますが、約一ヶ月ほどすると、穴が埋まり土台が出来上がりそこにインプラントを入れます。

差し歯治療

歯に差す詰物ですが、たいていの場合は金属の表面に白い「硬質レジン」という材質で貼り付けたものを使います。レジンとは簡単に言えば白い「硬質プラスチック」です。

レジンはプラスチックですので割れにくいですが、だんだん黄ばんできたり、歯ブラシで削れやすいと言う特色があります。金属を使っているために、金属アレルギーの人には使えません。さらに、奥歯には白いレジンは保険適応がありません。

それに対して、自費診療の場合は陶材である「セラミック」を使います。セラミックの場合は、硬いので削れることは少ないですがある一定の強度を越えると割れたりします。

あとは費用の面で考えるなど、保険適用、適用外問わずどちらの差し歯にもメリットデメリットがあるので、安易に決めずにしっかりと考えてから治療を始めるようにしたいものです。