差し歯が取れた!そんなときは瞬間接着剤などで自分で付けずに歯医者へ行きましょう。

差し歯が取れたときの応急処置の手順

差し歯が取れたときの応急処置の手順は以下のようにしてください。

  1. ティッシュペーパーなどを湿らせて差し歯をくるんでおく
  2. 取れた差し歯をケースに保管する
  3. それを持ってできるだけ早く歯医者へ行く

ティッシュを湿らせてくるむ

歯科医の場合は予約制である場合が多いので、すぐに診てもらうことができない間に差し歯を保管する時はきちんとティッシュペーパーなどを湿らせてくるんでおきましょう。差し歯は乾燥に弱いことが多いためです。

ケースやジッパー付袋に保管

外れた歯はごく稀に何かにあたって変形してしまうことがあるためケースに保管しておきます。適切なケースがない場合には失くさないようにジッパーがついている袋などに保管しておきます。失くしにくい中身が見える透明な袋がおすすめです。

適当な袋がない場合にはティッシュで包んで保管してもよいですが、ティッシュに包んでしまうと中身が見えなくなってしまうため間違って捨てないように注意!

すぐに歯医者へ連絡

差し歯は自分できちんと戻すことが難しいため、歯科医院に連絡をして診てもらうようにします。歯科医院が正月やお盆など長期休暇の場合には地域の休日歯科診療所を探すと診てもらうことも可能です。

そして何より無くさないように気を付けましょう。保険外の差し歯などであれば決して安い物ではありませんから、きちんと保管して使える状態にしておくことが大切です。また、治療に行くまでの間、口の中に違和感を感じることがありますので、あまり硬い物を食べないように気を付けましょう。

瞬間接着剤で付けないでほしい

差し歯は瞬間接着剤で止めてしまう人がいますが、歯に適切な接着剤で付け直すため、歯科医院で外す時に難しくなってしまいます。

あとはズレて接着してしまうと噛み合わせが悪くなってしまいますし、噛むことができなくなることもあります。接着剤がはみ出てしまったときに取り除くことが難しく、磨きにくい場所を作ってしまい虫歯になったり歯周病の悪化の原因になってしまうため応急処置と自分で接着剤を利用することは避けましょう。

鏡を見ながらでも自分で差し歯を正しい位置に戻すことは難しく、無理につけると歯の根がいびつな力がかかってしまい、根が割れてしまう原因になってしまいます。根が折れてしまうと歯を抜くことになってしまいます。

取れてしまったときの過ごし方

何かしらの原因で自分の本来の歯が取れてしまったりして、入れることになる差し歯ですが、実際には神経が通っている訳ではないので、自分の歯よりも感覚が鈍くなるといった所があります。

それでも食べ物を噛むには全く問題なく使用出来るのですが、予想外の硬さの食べ物を口にした時に感覚が鈍い為に、自分の歯であれば食べ物を硬さを感じ取りセーブ出来たはずの力を感じ取ることが出来ずに、思いっきり噛んでしまうことによって取れてしまうことがあります。

或いは、ボールが顔にぶつかった際の衝撃などによっても取れてしまうことがあります。取れた差し歯はそのまま利用することが出来る場合と出来ない場合がありますので、歯医者に持っていき、歯科医に相談するようにしましょう。