前歯は目立つところなので差し歯にする際は様々な種類からどれを選ぶかが重要です。

ですが種類がいくつもあるため、一番悩むのがどの差し歯を選べば良いのかという点です。



【広告】

差し歯とは?

差し歯とは、歯根が残っている部分を土台としてその上に被せ物をする治療です。歯冠継続歯とも呼ばれています。
虫歯を大きく削ったり歯が欠けてしまった場合には、歯根に金属や特殊な土台を立てて補強し、その上にクラウンという人工の歯を被せます。

差し歯をする場合は歯根が残っていなければ出来ませんので、あまりにも大きく歯が欠けてしまっている時や歯根を取り除く処置が必要な場合には利用できません。

差し歯の種類

差し歯の種類は大きく分けると保険適用のものと保険適用外の2つに分かれます。保険適用内のものは3000円~8000円ほどと安いですが、適用外の場合は4万円~20万円が相場になっています。

前歯の場合は奥歯と比べてそれほど強度が必要ないので、保険適用内でも比較的見た目のいい素材を使えます。しかしよく使われるレジンというプラスチック素材は、着色汚れや経年劣化による変色が起こりやすいので前歯に使用するには注意が必要です。

安価だけど見た目はイマイチ?保険が適用される差し歯

前歯を差し歯にする際、保険適用となる差し歯がいくつかあります。

硬質レジンジャケットクラウン

一つ目は、差し歯全体が「硬質レジン」という白いプラスチックで出来ている「硬質レジンジャケットクラウン」。
硬質レジンジャケット冠は差し歯全体が白いレジンという歯科用樹脂でできており、前歯の1番目から5番目に保険適用可能。費用は3千円から5千円程と安価で、白く目立ちにくいのが特徴です。

硬質レジン前装冠

二つ目は、中身は金銀パラジウム合金ですが、外から見える部分だけにレジンを貼り付ける「硬質レジン前装冠」です。
前歯の1番目から3番目(前歯から犬歯)に保険が適用されます。中心が金属なので硬質レジンジャケット冠に比べると耐久性があります。費用は5千円から8千円程と安価で、中が金属なので強度が高くほとんどの部位に使えるのが特徴です。

ハイブリッドレジン

三つめは「ハイブリットレジン」。CAD/CAMという機械でハイブリットレジンという素材を削りだして製作します。
前から4番目と5番目(小臼歯)のみ保険が適用されます。安価で小臼歯を白い差し歯にでき、金属アレルギーが出ず歯を傷めにくいです。

見た目は綺麗!でも高額な保険適用外の差し歯

保険適用外のものは主にメタルボンド、オールセラミック、ジルコニアクラウン、ハイブリッドセラミックがあります。

メタルボンド

メタルボンドは中心は金属で表面をセラミックで覆ったもので、料金相場は8万円から15万円程です。
土台に金属を使用しているので丈夫ですが、金属イオンが歯茎に溶け出すので、数年経つと歯と歯茎の境界が黒ずんでしまいます。

オールセラミッククラウン

オールセラミックは名前の通りすべてセラミックでできており、料金相場は5万円から15万円程です。
土台に使用されることが多いファイバーコアという特殊な繊維でできた土台は、金属よりも柔軟で人間の歯と強度が同じレベルなため馴染みが良く歯根を割ってしまう可能性が低くなります。

ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアクラウンは内部に生体親和性の高いジルコニアを用い表面をセラミックで覆ったもので、費用はだいたい8万円から20万円程です。
人工ダイヤモンドと言われている非常に強度の高いジルコニアですが、透明感を出しづらいため見た目の美しさはオールセラミックに劣ります。奥歯などに向いている丈夫な白いセラミックの差し歯といったもの。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックはレジンにセラミックの粒子を練り合わせた素材でできており、費用は4万円から12万円程です。
セラミックという名前がついていますが、基本的にはプラスチックのレジンとなりますので経年劣化があり、数年で変色してしまいます。

前歯におすすめなのはオールセラミック

保険適用外で差し歯を選ぶ場合、もし以下のような心配があるならオールセラミックを選ぶのがおすすめです。

  • 経年劣化の心配をしたくない
  • 見た目を綺麗で自然にしたい
  • 低価格に抑えたい
  • 金属アレルギーが気になる

オールセラミックの特徴は何といっても審美性の高さにあります。
素材がすべてセラミックなので、着色汚れが起こりにくく経年劣化による変色もありません。当然金属アレルギーの心配もしなくて済みます。

オールセラミックは他の高額な差し歯よりも強度が劣るため割れやすいと言われることもありますが、クラウン(差し歯)の形や噛み合わせ、歯ぎしりなどの問題が無ければ、通常の生活をする上でオールセラミックの強度が問題になることはありません。

また、一本当たりの価格が5万円ほどと低価格で提供しているところも最近は増えてきています。他の種類の差し歯と比べてリーズナブルで品質が良くコスパが高い差し歯と言えます。