歯の治療は、ただ噛めればいいというものではありません。口元への意識は高まっていて、よりきれいに美しく治したいという人が増えています。

保険治療でも差し歯を作ることは可能ですが、材料などに制限があり自分の希望通りの治療が受けられるというわけではありません。

前歯におすすめの差し歯治療

費用のことだけを考えれば保険適用のものになりますが、少しでも外見を意識するのであれば、おすすめなのは前歯をまるで自然な元からあった歯のようにできる保険外のものがおすすめです。

保険外の差し歯にもいくつか種類がありますが、最近人気が高くなっているのが、セラミックだけで作られた差し歯です。

少し前までは強度の問題から金属の上にセラミックを使用していましたが、最近は金属を使用しなくても作ることが出来るようになり、オールセラミックと呼ばれています。

金属を使わない事で透明感のある自然な白さを実現し、金属アレルギーの心配もありません。金属は口の中で溶けてイオン化し、歯茎の黒ずみの原因になってしまいます。金属を使用しないことで、歯だけでなく歯茎の健康も守ることができます。セラミックは強度も強く普通の食事でしたら問題なく食べることができ、硬いものを食べてはいけないなどの食事制限もなく、食事内容を選ぶこともありません。

他にも、セラミックと人工ダイヤモンドを使用したジルコニアというのも新しい素材で金属を使用していません。

差し歯とは?

差し歯とは大きな虫歯などで治療をし上の部分がなくなってしまった時に、残った歯の根の部分にコアと呼ばれる土台を差し込み、その上にクラウンと呼ばれるかぶせものをする事で、元の歯に似た形状に戻す治療法を言います。

最近多くなったインプラントと似ていますが、インプラントは主に歯が抜けた箇所に施される治療なのに対し、差し歯治療は歯の根っこが残っている状態のときに施されます。

差し歯のデメリット

差し歯には若干の問題点があります。どのような問題があるのかというと、歯の根の部分に差し込む土台の材質には金属やプラスチックの物がありますが、いずれも土台から抜けやすかったり、歯の根の部分を破損してしまったりする事があり、こういう場合に再治療を繰り返すことが難しいという事が考えられます。

再治療を何回も繰り返すことで歯の根っこの部分を少しづつ削っていくことになりますから、その分歯根がどんどん弱くなり、もろくなってしまうからです。

また使用した材質の影響により歯茎の部分が黒ずんでしまったり、差し歯全体の色が黄色っぽく変色してしまうなど、長く使用するには好ましくない点も挙げられます。

これらの問題点を踏まえ、最近では土台であるコアの部分とかぶせものであるクラウンとを別々に装着させる治療法であったり、歯の土台部分から別のねじのような物を差し込む事で、抜けにくく長持ちするインプラントであったり、金属を使わないオールセラミックという治療法であったりというようにいくつかの選択肢が増えてきました。

将来的なことも考えるべき

値段だけで考えるのではなく、将来的に長持ちするのか、見た目が悪くなってしまうと困るのか、といったことを総合的に考えた上で、保険の差し歯にするのか保険外のものにするのかを考えることをおすすめします。

保険外の差し歯も最近ではどんどん安くなってきているため、昔ほど手が出せない金額ではなくなってきています。数万円で本当に綺麗で自然な歯にすることもできるようになってきているため、外見を気にした歯科治療を検討してみてもいいのではないでしょうか。