お口の中の歯にはそれぞれ役割があります。日頃意識することはありませんが、前歯は物を噛み切ることと発音と言う大きな役割があります。奥歯は前歯で噛み切った食べ物をすりつぶしたり細かくするという役割があり、消化吸収にも影響を与えています。



【広告】

奥歯を差し歯にする

その奥歯が虫歯になってしまうと噛む機能が失われてしまうので、差し歯にしてしっかり噛めるようにするべきです。

保険では銀歯の差し歯が使われますが、これは決して見た目がいい治療とは言えません。そこで、機能性を確保しつつ見た目も白い歯で自然なものにしたいという場合に、オールセラミッククラウンという差し歯を作る人が増えています。

オールセラミッククラウンの値段と特徴

オールセラミッククラウンは金属を使用しないでセラミックだけで作った差し歯です。保険は適用されませんが自然な白さを持つので見た目がいいという特徴があり強度もあります。

オールセラミッククラウンの値段は歯科医院によって大きな差があります。保険治療なら国が決められた値段で行わなければいけませんが、保険外治療には制限がないためです。

オールセラミッククラウンの平均的な値段は1本あたり8~10万円です。奥歯というのは噛む力に耐えなければいけないのでしっかりとした強度が求められます。

セラミックは陶器素材ですので割れやすいという性質を持ちますが、ひと昔前と違って近年ではジルコニアと呼ばれる人工ダイヤモンドの硬い素材を使用して作成するジルコニアセラミッククラウンというものが出てきました。これによって奥歯のような強い負荷のかかる部分も安い値段で綺麗な白い差し歯にすることができるようになっています。

機能面だけでなく見た目も美しくできる

奥歯にオールセラミッククラウンを使用する際のメリットは、歯の機能を強化することができるため美しさのみならず硬いものなどもストレスなく噛むことができることです。

現在ではこういった治療を専門的に扱う審美歯科クリニックの需要が高まっています。アレルギーを持っている方ですと銀歯などの金属が溶けてしまったりしてアレルギー反応を起こしてしまうこともありますし、もちろん見た目的にもあまりよくありません。

歯は第一印象にも影響してくることもありますし、強度の面でも保険内でできるプラスチックや銀歯よりもセラミックの方が上です。

奥歯のオールセラミッククラウンの値段は保険が適用とならないため、各クリニックによって異なります。歯科のサイトなどで確認することができる場合もありますが、詳しい説明や見積もりなどは実際に診察を受けてカウンセリングをした時にきちんと出してもらうようにしましょう。セカンドオピニオンを利用して他のクリニックと比較することもおすすめです。

また高額なものになりますので、その治療を行う歯科クリニックの歯科医の技術的なところも気になるところです。口コミ評判なども調べてみると安心です。

メンテナンスなどもきちんと行ってくれるクリニックは安心ですし、値段だけではなくトータル的なところで決めていくと良いでしょう。審美的なところもそうですが強度の面でもオールセラミッククラウンはおすすめです。