歯というのは、乳歯から永久歯に生え変わるとそれ以上生えてくることはありません。また、欠けたり虫歯になった部分も元に戻ることはなく、歯科医院で治療をしなければいけません。

歯の大部分がなくなってしまうと、詰め物では会対処することが出来ず、差し歯を使わなければいけません。差し歯は、歯がないところの噛む機能を回復するだけでなく、見た目も回復するという役割があります。

奥歯の差し歯の寿命

奥歯の場合は、食べ物を咀嚼するという役割が強く、食べ物を安心して噛めるようにしたいと多くの患者さんが考えるでしょう。しかし、差し歯というのは治せば永久に使えるというものではありません。奥歯の場合は、噛む力に負けないようにするので、余計な負担がかかっているとも言えます。

奥歯の差し歯の寿命は7~10年と言われています。この数字はあくまで平均なので、これよりも短い間にだめになってしまうこともあれば、20年以上も使い続けることができるケースもあります。

差し歯自体は虫歯になることはありませんが、差し歯と自分の歯の境目から虫歯になってだめになってしまうというのはよくあることです。奥歯は磨きにくい部位ですが、注意して歯磨きをして、定期的に検診を受けると寿命を延ばすことができます。

保険が適用されるもの

差し歯は様々な材質で作られていますが、保険が適用されるか否かによって材質も変わってきます。奥歯の差し歯であっても保険適用できるものものあります。

保険の差し歯は銀歯や、金属の土台を作りその上に硬質レジンを使います。硬質レジンはプラスチックで、保険適用なので価格は安いです。しかし、汚れが付きやすく、劣化するのも早いというデメリットがあります。

保険適用の差し歯は、保険外に比べると安価で済むことがメリットです。そして噛み合わせさえ正しく調節することができれば使用感に大きな差は感じにくいです。

差し歯は歯の頭の部分がない状態であっても、根っこの部分が健康な状態であれば処置することが可能です。ただし、前歯や中間の歯であれば白い色を選択することが可能ですが、奥歯の場合は銀歯のみとなります。

銀歯は審美性が悪いだけでなく、天然歯に比べると硬いため、噛みあう反対側の歯が天然歯の場合は天然歯の方が欠けてしまうことがあります。そのため、普段から睡眠時に歯ぎしりをする人やくいしばりを行う人は注意が必要となります。

保険外の差し歯

保険外で差し歯を行う場合には、別の素材が使われることがあります。

中でも耐久性に優れた差し歯の材料として知られているのがセラミックです。セラミックは陶器で作られている補綴物なので、劣化しにくく長持ちします。特徴としては、硬いこと、艶や透明感があること、色の調整を行うことができること、表面に傷がつきにくいことです。

天然歯に似た状態に仕上げることが可能なこと以外にも、汚れや着色がつきにくいこと口腔内を衛生的に保つことができることもメリットの一つです。保険外には、セラミックを含むものとしてハイブリッドセラミックやジルコニアセラミックなどがあります。

奥歯のように力がかかる部分に使われることが多いのが、ジルコニアです。ジルコニアはセラミックよりも強度があります。ジルコニアが歯科材料として使われるようになって、ほとんどの歯科治療で金属を使わない治療ができるようになっています。着色汚れにも強く、美しいため、特に女性に人気があります。

美しく長持ちする歯

最近では美しく長持ちする歯科材料を使った差し歯に人気が集まっています。

差し歯はメンテナンスをきちんとすれば、数十年は持つと言われています。材質ごとの特徴をよく知り、しっかりと手入れをして使うことで、長く使うことができるのです。歯を支えている歯茎は、土台となる部分なので、毎日の歯茎ケアにも気を配り、美しい歯を維持することが大切です。

入れ歯にしなければいけなくなる前に

歯が虫歯になってしまったり、色や形がガタガタな場合でしたら、奥歯でも入れ歯を入れる事になります。通常の入れ歯は保険適用で値段は安いですが、金属で引っ掛けるのは嫌だとどうしても抵抗を持つ人もいると思います。

そうなってしまう前に、歯根が残っている状態であれば早めに差し歯治療を受けるべきでしょう。ただ一般的に保険外の差し歯というのは値段がとても高いイメージで、中々保険外の差し歯にしようと考える人は少ないかもしれません。

ですがセラミックといったとても綺麗な差し歯がある上に、一般的に考えられる費用よりも安く済む事があります。これは、保険適用では無いために歯科医院の方で値段を勝手に決められるという事もあり、どうしても値段がばらばらになってしまい、それにより過剰に高くなるケースがあるということです。

ですので大事なのは色々な歯科を細かくあたってみる事で、情報をとにかく集める事で値段が安い差し歯を入れてくれる歯科を探し、根気強く調べることが大事です。セラミックの差し歯でしたら変色もしませんので、定期的にクリーニングやメンテナンスをする必要性がありませんし、金属アレルギーの人でも大丈夫なように金属を使っていませんので、アレルギー持ちの人でも安心して入れる事が出来ます。