銀歯が下の奥歯部分にある人は、口を開けた時に目立つという悩みを持っているのではないでしょうか。

歯はもともと白いため、口を開けた時に銀色の歯が混ざっていると違和感がありますし、出来れば白くしたい人が多いと考えられます。



【広告】

下の奥歯が銀歯で目立つという悩みを改善する方法

下の奥歯が銀歯の人は、歯医者さんで相談して銀色の部分を白い素材に変えてもらい、口を開けた時に目立つという悩みを解消してはいかがでしょうか。

下アゴの奥歯は一番奥の2本ほどが大臼歯、その手前の2本が小臼歯と呼ばれており銀色の金属で詰め物や被せ物をしている場合にはその部分を白い素材に変えてもらう方法があります。

ハイブリッドセラミック治療

まず、手前にある小臼歯は希望すれば安い費用で銀色の部分を白い素材に変えてもらうことが出来ます。

それは、保険診療の範囲内で使えるハイブリッドセラミックという素材を使って詰め物や被せ物を作ってもらう方法になります。

ハイブリッドセラミックはレジン(プラスチックの素材)にセラミックを混ぜ合わせて作った素材で、レジンだけよりも強度が高くなっていることが特徴です。

また、ハイブリッドセラミックはセラミックよりは透明感が低いものの、周りの歯に近い色合いにすることが出来るので、銀歯だった部分を口を開けた時にも違和感のない白い歯へと変えられるのが魅力です。

セラミック治療

次に小臼歯部分の銀歯をもっと良い素材で白くするには、セラミックで詰め物や被せ物を作ってもらうという方法があります。

セラミックを使うと保険外診療になってしまうため費用が高額になるのがデメリットですが、セラミックなら透明感があって周りの自然な歯と遜色の無い色合いに出来ますし、何年か経っても色が変色しないことや汚れがつきにくいこと、虫歯になりにくいことなどのメリットが得られます。

ジルコニアセラミック治療

それから、下の奥歯の中で一番奥にある大臼歯の部分が銀色の人は、その部分を白くしたいなら保険外診療でジルコニアセラミックを使って被せ物を作ってもらうのが一番良いでしょう。

それは大臼歯にはその人の体重と同じ位の強い力がかかることがあるので、強度の弱い素材で被せ物や詰め物をすると割れてしまうことがあるからです。

特に噛みあわせが強かったり歯ぎしりや食いしばりをする癖がある人は、大臼歯にセラミックで詰め物や被せ物をすると割れてしまう危険性が高いため、この部分に治療を受ける時は医師とよく相談した方が良いでしょう。

最後に

その他に大臼歯の銀歯を白くする方法には、金属アレルギーの診断書が出ている人なら保険診療でハイブリッドセラミックを使ってCAD/CAM装置で被せ物を作ってもらうという方法もあります。

自分に合った方法を選んで下の奥歯を白く変えてみてはいかがでしょうか。