白くて綺麗な歯に憧れるケースもよくありますが、ホワイトニングとなるとなかなか費用も高額で敷居も高く感じるのが現実です。



【広告】

歯を白くするマニキュアに関する費用と特徴

ホワイトニング以外に歯を白くする方法として、マニキュアを利用する方法が注目されており、ホワイトニングよりも実行しやすいとして人気も高まっています。

その理由として、マニキュアならばホワイトニングよりも費用が基本的に安く済みますし、歯科医院でやってもらうだけでなく、ドラックストアなどで市販の専用マニキュアを購入し、セルフケアでも実行が可能といったメリットがあります。

また差し歯などでホワイトニングが出来ないケースもあるので、そういった場合に白くするには最適ですし、妊婦や15歳未満の場合も同様にホワイトニングが受けられないため、このようなケースでもマニキュアならば利用することが出来るので、利用者も増加しています。

ただしマニキュアにもセルフで行うものとそうでないものについては、それぞれに異なる特徴が存在しています。

セルフで行う場合

まずセルフで行うものの場合、ボトルタイプやペンシルタイプなどがあり、簡単に塗ることができます。

価格についても1500円から3000円程度とお手軽価格であり、ネットショッピングやセレクトショップなどの身近なところで購入することができます。

また即効性に優れており、半日から一日程度の持続性で、歯ブラシで簡単に落とすことが可能ですが、持続性はないので、そこはしっかり把握しておきましょう。

医院で行う場合

一方の医院で行うものはホワイトコートと呼ばれており、セルフで実施するものよりも長持ちしますし、より綺麗な仕上がりになります。

ただし価格は保険適応外なのでやはり市販の場合よりも明らかに高額となり、効果を長く保つためには通院してメンテナンスを行う必要もあります。

また落とす際も市販品よりもエナメル質への負担が大きいといったデメリットも存在しています。

まとめ

セルフの場合もそうでない場合も、それぞれメリットとデメリットが存在しているので、実施を検討する場合は、それらの特徴をよく踏まえて確認し、かつ目的や条件に合わせて実施方法を選択するようにすると良いでしょう。

たとえば緊急な場合やその場だけ綺麗にしたいならば、市販品を使用する方法のがお勧めですし、継続して白さを保ちたいならば、医院でホワイトコートを受けた方が良いでしょう。

さらにもっと本格的な白さを求めるならば、ホワイトニングを思い切って受けるという選択肢もあります。