前歯は口を開ければすぐに目に入る場所なので、差し歯にする時は素材選びが大切です。

前歯を差し歯にする費用と種類

保険診療が行える硬質レジン前装冠は、前側がレジンで裏側が金属でできています。5000円~8000円で、真ん中から数えて3番目までの歯に使うことができます。

裏側の金属によって耐久性があり費用も安いです。しかし使われている金銀パラジウム合金は、唾液によって溶け出すので歯茎が黒くなってしまいます。金属が溶けた部分は隙間となるため虫歯のリスクが上がります。

硬質レジンジャケット冠は、全てレジンでできており3000円~5000円で済みます。金属を使っていないのでアレルギーや歯茎の変色は心配ありませんが、耐久性が低いので硬い食べ物を頻繁に食べる人には向いていません。またレジン自体が経年劣化によって黄ばみやすいです。硬質レジンジャケット冠は、真ん中から4番目までの歯に使えます。

前歯を差し歯にする場合、外からはあまり見えない奥歯と比べると審美性が重要視されるので保険が適用されない素材にも目を向ける必要があります。オールセラミックは前歯の差し歯としてよく選ばれる素材です。

オールセラミックがおすすめ

オールセラミックは全てセラミックでできています。歯科医院で使用するセラミックは、陶器のセラミックと比べて耐久性がありステンレス鋼より硬いです。

人間の天然歯は完全な白ではなく、半透明な乳白色をしています。セラミックも半透明で乳白色をしているため、見た目が天然歯に似ています。差し歯ではない周りの歯と並んで違和感がないので、恥ずかしがらず口を開くことができます。

表面がツルツルしているため、歯垢が溜まりにくく虫歯にもなりにくいです。セラミックは人体にとって無害で、経年劣化による変色もありません。費用は安くて8万円くらいと高いです。オールセラミックより安くで済むのが、ハイブリッドセラミックです。

自費診療の中では安い4万円ほどの値段でできることもあり、費用を抑えつつも審美性を諦めたくない人におすすめです。

ハイブリッドセラミックは、レジンにセラミック粒子を混ぜています。耐久性が高く金属アレルギーの人でも使用できます。ただしレジンのデメリットである経年劣化による変色は防ぐことができません。なので見た目はオールセラミックとは全然違い、保険のレジンの差し歯のように見た目が悪くなってしまいます。

奥歯が虫歯になったとき、金属アレルギーの人はジルコニアクラウンを選ぶことも多いです。ジルコニアは生体親和性が高いので、アレルギーの心配がありません。硬いジルコニアにセラミックを焼き付けることで、強度を高めながら自然な歯を演出できます。

金属アレルギーでないならばメタルボンドも選択肢に入ります。メタルボンドはセラミックで金属を覆ったもので、8万円~15万円くらいかかります。外側はセラミックなので汚れが付きにくかったり歯が美しかったりします。セラミックで覆われた金属は、差し歯の耐久性に貢献しています。使用する金属を金合金など質の良いものにすることで、金属アレルギーの発症を防ぐことができる場合もあります。

喫煙者やコーヒーをよく飲む人は、歯が変色しやすいので自費診療の差し歯が適しています。