オールセラミッククラウンは、金属を使用せずにセラミックのみで歯に被せ物をする方法です。特に人目につきやすい前歯などに使用することで美しい口元にすることができます。

金属を使用しないため歯茎の黒ずみを予防することができます。また金属アレルギーを引き起こす心配もありません。それだけでなくオールセラミッククラウンは自然な色合という特徴もあります。歯の透明なエナメル質を忠実に再現することができるためです。

治療が必要な歯のみをオールセラミッククラウンにしても、周りの歯に合わせた色や形にすることができるため全体的に自然な仕上がりが期待できます。



【広告】

前歯オールセラミッククラウンの値段

前歯をオールセラミッククラウンにした場合にかかる値段の目安は8万円から15万円程度で、治療回数は2回から5回が目安です。

歯列矯正と違って短期間で完了するため、矯正治療に抵抗があったという方にもおすすめです。

オールセラミックは義歯の中でも比較的値段が高いもので、色のバリエーションがキレイなことから前歯向きと言われています。保険適用内で治療しようとするとどうしてもランクの下がる素材になり、傷みが早くなりますからあとでやり直すのが大変です。前歯の場合は特にやり直すことに値段もリスクも高くなる傾向にあり、メタルボンドなど金属を使ったものは金属アレルギーを誘発しやすいので体質によっては避けたい場合もあります。

セラミックの素材

一流メーカーのオールセラミックはイボクラールやセルコンの素材を使用しています。イボクラールの製品は高品質ですが広く使用されており、低価格で提供している審美歯科も増えてきています。セルコンはジルコニアと呼ばれる人口ダイヤモンドの材質でできており、奥歯など割と強い衝撃を受ける部分に使用することができます。

こういった点を総合的に考えると、やはり前歯の差し歯はオールセラミックがいいでしょう。

よくあるのが、歯医者で何も確認されずに保険で治療したときに安価なレジン(プラスチック)製の義歯を使うことになりますが、こちらは色の変色が激しく短期間での交換を余儀なくされ、後からオールセラミッククラウンに変えて欲しいという例です。

そうなると身体にかかる負担もリスクも大きくなってしまいますので、やり直しを極力避けるためにも歯科治療を受ける際にはきっちりとカウンセリングを行ってくれて安心できる歯科を選ぶべきでしょう。

また値段に関しては相場が10万前後とされていますが、これは歯科によって大きく変わってくる部分ですので歯科を比較することが大切です。1本13万円の歯科であれば単純に3本だと39万円になりますが、医院によっては1本5~6万円という場合もあり、そうなると3本で15~18万円となります。半額以下という安い価格になりますので、本数が増えるほどその差は大きく開いていきます。

どの病院にするかは個人の事情にもよりますが、治療実績があり技術のしっかりした、また価格面でも患者のことを考えてくれている設定になっていて信頼のおける病院で治療することをお勧めします。