ローンと言えば金融機関から融資を受けるサービスで、借りたお金はルールに従って返済を行います。

世の中にはカードローンと呼ばれるものとデンタルローンと呼ばれるサービスが用意されているので知っておきましょう。



【広告】

デンタルローンとカードローンの違いはどこにあるのか知っておこう

カードローンは銀行や金融機関を利用して無担保で融資を受ける事ができるサービスです。

専用のローンカードを作って使用します。提供しているサービスは信用金庫や地方銀行、信託銀行や消費者金融と非常に多くの場所が用意されているので利用しやすいといえるでしょう。

各サービスにより返済方法や融資までの時間は変化し、いずれの機関も審査を通貨する必要があります。審査に合格すれば利用限度額の範囲内で借り入れが可能、返済時には金利を加えた金額を返すのがルールです。

基本的に利用限度額の範囲ならいくらでも借り入れができ、自由に使うことができます。個人的に買い物をしたいときにも活用できるので使い勝手は良いです。一応、利用限度額は年収の3分の1までとなっています。

デンタルローンについて

一方、デンタルローンは歯医者を利用する時に使うサービスで治療代を融資してもらう事が可能です。

一般的に歯医者では保険適用の商品が多いですが、審美歯科といった場所では保険適用外のものがほとんどとなっています。どれも高額なもので中には100万円を超えるようなものもあるので自腹で利用するには多くの資金が必要です。

融資を受けたい時はデンタルローンに対応する金融機関を探します。カードローンとの大きな違いは歯の治療費用にしか使う事ができないところです。

金融機関にデンタルローンがない場合はフリーローンや多目的ローンが代用として使えるでしょう。目的以外のことに仕様できないルールなので注意しておく必要があります。またカードローンのように必要な時に追加で融資を受けるといった行為は適用されないです。

利用条件としては20歳以上の方で安定した収入を持っている人、連帯保証人は限度額や申込内容によっては必要となっています。

デンタルローンの金利について

大体ですが200万円くらいの融資を受けることも可能です。金利はカードローンと同じで利用する金融機関により大きく変化します。融資額が大きくなると金利が下がる、融資額が少ないと金利が高くなるのが特徴です。

低いローンだと5%以下で利用できるものもありますが、高い場合は10%後半くらいの設定にしている場合もあるので慎重に選びましょう。単純にお金を借りるのであればデンタルローンでなくてもクレジットカードやカードローンでも良いと考えがちです。

しかしこれらのものは金利の高いものもあるので、安全に返済をするのなら金利の安いデンタルローンが最もおすすめといえます。

デンタルローンの申し込み方法と流れ

融資を受ける時は審査を行う通過する必要があるのですが、これは初診から自宅での検討を行いウェブから申し込みをするか提携医院へ再訪問して正式に申し込みをします。

そしてジャックスが審査をして審査連絡が届きます。ウェブからの申し込みをした人は提携医院で再診を受けて正式に申し込みをしましょう。

手続きが完了次第治療を開始します。これが一連の流れで、カードを使ったローンよりもちょっと複雑になっているのが特徴です。

デンタルローンの審査は通過しやすい?

保険適用外のサービスについて

保険適用外のサービスはインプラントの治療や詰め物を使う治療、被せ物や入れ歯を入れる作業といったものがあります。

また歯を綺麗にするホワイトニングや歯の矯正、金歯を入れるといったものも保険適用外です。また医療ローンと呼ばれるものも用意されていますが医療関係の全般に利用できるものとなっています。

デンタルよりも幅広い人をターゲットにしている商品でレーシックや美容整形に対応できるものです。デンタルは基本的に審美歯科や矯正歯科のみにローンを使いたい人に良いでしょう。