芸能人やモデルのような白い歯にしたいと思った時に便利なのがセラミック矯正です。

費用も安く短期間で治療が完了するという大きなメリットのあるセラミック矯正ですが、失敗したという話もあるので歯科を入念に選ぶ必要があるでしょう。



【広告】

セラミック矯正で失敗?

セラミックというのは陶器ですので割れたりすることがあり、硬いので衝撃に弱いという点も指摘されています。

歯を削ってからかぶせることになりますので厚みを持たせるために歯を多く削らなくてはならず、歯茎や歯が過敏になることがあります。噛み合わせが悪くなった、歯の神経が弱くなったなどの失敗例も良く指摘されているところですが、審美的なメリットの大きさのせいであまり注目されていません。

セラミックの適合が悪くて炎症を起こしてしまうケースもまれにですが発生しています。歯の神経を抜いたり歯を削ったりするため、歯科医の処置が不十分であれば最初からやり直しになることもあります。

失敗の多くは担当者の腕によるもの

セラミック矯正などの保険外治療で失敗したという話は、セラミックなどの素材に問題があるわけではなく担当した歯科医や歯を作成した歯科技工士の腕が悪かったといいったようなものがほとんどです。

つまり歯科を入念に選んで安易に決めず、しっかりと調べてから治療を受けることで失敗のリスクは限りなく低くできます。セラミック治療というのはインプラント治療などと違い、治療内容は至って簡単な通常の歯科治療なのでとても安全な治療だと言えます。

メリットは大きい

セラミック治療は短期間で出っ歯やすきっ歯も治すことができ、治療する本数によりますがたった2週間~数ヶ月で完了するのがメリットです。数年かかってしまうワイヤーを使った通常の歯列矯正と大きく違うのはこの短期間で完了するという部分かもしれません。

費用の面で見てもセラミック矯正はその他の矯正法の料金と比べてリーズナブルな料金で治療が可能ですし、他の方法だと大人になってからの矯正は難しいと言われているのに対しセミラック矯正なら年齢に関わりなく可能というところも人気です。

天然の歯との違いも見た目から区別がつきませんし、歯垢や歯石もつきにくく劣化しづらいといったメリットもあるので、メリットデメリットをよく考えて、悪い評判のないクリーンな歯科で治療を受ければ失敗してしまうこともほとんどありません。