出っ歯や前歯の歯並び、歯や歯茎の黒ずみなど、口元がコンプレックスになって思いきり笑えないという方は決して少なくありません。

そんな方はセラミック矯正を考えてみてはいかがでしょうか。



【広告】

セラミック矯正とは

セラミック矯正とはクイック矯正とも呼ばれている、セラミックの被せ物を使う矯正方法です。

日本では大人になってから歯並びが気になり矯正を始める人が増えています。しかしワイヤーを使った歯列矯正は数年という長い年月がかかるため、セラミック矯正が注目を集めています。歯並びの改善や歯を綺麗にするといった審美性を高めるために行われることが多く、歯の表面につけ爪のように被せ物を装着したりクラウンを被せる方法があります。

セラミックは陶器で作られているので、保険治療に使用される歯科治療プラスチック素材レジンのように変色しません。特にオールセラミッククラウンは本当の歯のように自然な色合いで透明感があります。また金属をまったく使っていないため金属アレルギーの心配がありません。金属を使った被せ物は長期間使っていると、金属が溶けて歯の根元などが黒ずんでしまうことがあるので注意が必要です。

オールセラミッククラウンは周りの歯の色に合わせて色を決めることができるため仕上がりがとても自然で、差し歯だと気づかれないほど綺麗に仕上がります。

ワイヤー矯正による歯根吸収

セラミック矯正は自分の歯を削ってセラミックの被せものを被せたり、歯の根っこに金属ではない「ファイバーコア」という白い土台をたてることによって歯並びを整えたり綺麗な歯にする方法。そうなると「健康な歯を削って差し歯にする」ということに抵抗がある患者さんも少なくないでしょう。

ですが実は通常のワイヤーを用いた歯列矯正で長い年数をかけて歯を動かした場合も、動かされた歯は歯根が短くなって抜けやすくなってしまう「歯根吸収」という現象が起こることをご存知でしょうか?つまり歯列矯正をした歯の寿命は短くなる可能性が高いということ。

100万円以上という高いお金を支払い治療に長い年月をかけたとしても、将来的に差し歯にしなければならないときがくるかもしれないのです。それなら今健康な歯を削ってでもすぐに綺麗な見た目の歯にした方が、毎日をコンプレックスなく楽しく過ごすことができるとも言えます。

もちろん削らなくていい歯を削るのはいいことではないかもしれませんが、コンプレックスを抱えたまま生きるのもいいことだとは言えないでしょう。セラミック矯正をすることで笑顔に自信を持って過ごすことができるのであればセラミック矯正にも価値はあると私は思います。芸能人のようなやきれいな歯並びを手に入れることができれば、確実に笑顔が増えて毎日が楽しくなるのは間違いありません。

年齢を重ねるごとに差し歯は増える?

周りの年配の方を見てみると差し歯にしている人が多くありませんか?

差し歯にしている歯の本数は年齢を重ねるごとに確実に増えていくものです。つまり健康な歯を削らずに守っていても、自分が高齢になったときに何らかの理由でその歯を差し歯にしなければいけないかもしれません。そうなると「どうせ差し歯になるなら若いときにセラミックの差し歯にしておけばよかった」と後悔することになるでしょう。

高齢者になってもすべての歯を残しおくということは実質できないので、それを考慮すれば若いときに口元のコンプレックスを解消して生きることの方が大切だと私は思います。

セラミック矯正にかかる費用

セラミック矯正にかかる費用はどれくらいになるのでしょう。

施術を考えている方にとってどれほどの費用がかかるかはたいへん大きな関心事と言えるでしょう。オールセラミッククラウンを使いたい場合自由診療だと高額になるイメージがあります。しかし最近はコスト削減など様々な努力によって費用を安く設定しているクリニックも増えています。

一般に歯列矯正をする場合は100万円以上という莫大な費用を用意しなければならないことがほとんどです。しかしセラミック矯正なら、何と歯一本につき5万円~10万円ほどという低価格で施術を受けることができるのです。仮に一本当たり5万円とすると、前歯を四本矯正するような場合であってもわずか20万円程度という費用で施術が受けられるということです。

保険外診療は高額ながらも安くなってきている

もちろんセラミック矯正は自費診療で保険がきかないためそれなりの費用がかかるのは事実です。しかし前述のように、一般の歯列矯正と比べてかなり安い費用で施術を受けることができるため、良い歯科を探してセラミック矯正を受けてみるのもいいでしょう。

次項では歯科業界で働いていた私が治療を受ける際に考えたことを話していますので、クリニック選びの際に参考にしてください。