歯を白くする事は自分に自信を持つ事が出来るなどの魅力を持っています。

芸能人のように白い歯にしたい人からの注目を集めているホワイトニングは、歯を削るのではなく歯の汚れを除去する漂泊作用を持つ薬剤を歯の表面に塗布し、そこに特殊な光を照射すると、1度の治療で歯の白さを求める事が出来る治療法です。



【広告】

ホワイトニング治療

歯を削る事なく白く出来るのもホワイトニングの魅力になっているわけです。

尚、治療に掛かる費用は自由診療になっているため、病院により様々です。少しでも治療費を節約したいと考える人の中には、一番安い金額で治療が出来る病院を探すケースもあります。

金額そのものが比較的高いので、治療費が経済的な負担になる事からも諦めている人も多いでしょう。

医療費控除の対象外?

病院で治療を受けた時の医療費は年間で10万円を超えた場合、医療費控除の対象になる事をご存知でしょうか。

これは健康保険が適用する治療の場合に控除の対象になるもので、ホワイトニング治療は実費治療、いわゆる健康保険が適用しない治療になる事からも、医療費控除を受ける事は出来ません。

但し、医療費控除は病院への通院時に利用した電車やバスなどの交通費、処方を受けて購入した医薬品や家庭の中で利用する常備薬や風邪を引いた時に服用する市販の風邪薬なども控除の対象になります。

さらに、家族全員の費用を計上出来るので、家族が多い家庭などの場合は薬を購入した時のレシートや交通費の領収書、病院で受け取った領収書などをまとめておくのがお勧めです。

ホームホワイトニングは控除の対象

年間10万円と言う金額を翌年の確定申告の時に控除を受ける、医療費の総額に応じて所得税の一部が戻るのが特徴です。

ホワイトニング治療の場合は、対象外になりますが、治療方法には病院で受ける方法と自宅で行うホームホワイトニングの方法があります。

ホワイトニングとは?

自宅で行う時には専用の薬剤などを購入する事になるので、こうした費用については控除の対象になります。

僅かな金額ではありますが、年間を通すとかなりの金額になるので、他の医療費と合算する、家族が治療などで利用した際の薬代や交通費など、その都度整理をしてまとめておけば、翌年の確定申告の時に医療費控除の申告が出来ます。

治療そのものは医療費控除の対象外でも、自宅で治療を行うようにする、掛かった費用の内訳を整理する、薬剤を購入した時の領収書などをまとめておくなどが節約効果にも繋がります。

これはホワイトニング治療だけではなく、病期で治療を行った時の領収書なども、まとめておくのがお勧めです。尚、1年間でトータル10万円を超えない場合には医療費控除の申告が出来ませんが、10万円を超えた時には所得税が戻ると把握しておくのがお勧めです。

ちなみに、10万円超えなかった時には領収書などは破棄しても構いませんので、それまでの間は管理を徹底しておきましょう。