ジルコニアクラウンやオールセラミック・ブリッジなどを使用した歯の治療は、医療費控除の対象です。

セラミック歯は医療費控除の対象!保険適用にはなるの?

通常一般的な生活において必要となる歯の欠損や治療などを目的とする歯科治療の場合、自由診療でも医療費控除の対象になります。



【広告】

ジルコニアクラウンやオールセラミック・ブリッジなどは医療費控除の対象です

オールセラミックなどの質が良い素材で作成された上部構造の材料も、一般的に使われる材料と考えられるので控除対象に含まれます。

オールセラミックは100%のセラミックの陶材を使っている材料で、天然歯のような透明感のある白さで、ほとんど変色することはなく、プラークも付きにくいので非常に清潔感があり、金属アレルギーの人にも大丈夫です。

ジルコニアクラウンはセラミック素材において非常に頑丈で、白く透明感もあり、目立ちにくい特徴があります。ブリッジは被せ物を入れる治療で、歯と歯の間にブリッジ(橋)をかけることからブリッジ治療と呼ばれています。

医療控除について

医療費控除は1年間において10万円以上の医療費を払う場合、支払う税金の控除を受けられる制度です。

確定申告を行うと、控除を受けることができるので、申請する際に必要な領収書を保管する必要があります。医療機関に通うためのバスや電車などの公共交通機関に利用した交通費も対象です。

控除の対象となる金額

控除の対象となる金額は、実際支払った医療費の合計額から保険金などで補填される金額を差し引きます。

例えば、生命保険契約で支給される「入院費給付金」や健康保険で支給される高額療養費や家族療養費、出産育児一時金などが対象です。それから10万円を差し引いた金額が対象です。

尚、その年の総所得金額が200万円未満の場合、総所得金額などの5%の金額になります。

控除される金額の上限は200万円になっていますが、実際控除される金額はかかった医療費や所得などの金額によって変わるので、詳しくことに関して歯税務署などに確認するのが良いでしょう。

詰め物や差し歯などの治療を受ける場合

詰め物や差し歯などの治療を受ける場合、保険適用内の治療を希望する人もいますが、最近では保険適用外になる歯科治療を選ぶ人も増えています。

保険適用治療の場合、使用されているプラスチックなどの品質はあまり良くなく、プラスチックは変色しやすい傾向があり、金属はアレルギーが起こる可能性もあります。

メンテナンスに費用がかかり、保険適用でも長期間にわたって治療が必要になるかもしれないので、長い目で見るとお得な治療とは言えないでしょう。

オールセラミック治療の場合

オールセラミック治療の場合、素材が陶器なので変色しにくかったり汚れにくいなどのメリットがあります。

金属などをまったく使わないので金属アレルギーの心配もありません。一度治療を受けると美しい状態で長期間使用することができ、安全・安心して過ごすことが可能です。

セラミック治療は自由診療になるので、歯科医院によって治療費が異なります。通常1本あたり10万円~15万円と言われていて、口腔内の状態によっては治療経過が異なることもあるので、人によっては治療過程によって治療費が前後することがあるでしょう。

セラミックの差し歯にかかる料金以外に治療に伴う検査費用などの別途費用がかかるかもしれないので、歯科医院を決める際は見積もりを出してもらったり、しっかりカウンセリングを受けることをおすすめします。

丁寧なカウンセリングを行う歯科医院は、セラミックの品質も良い傾向があったり、丁寧な施術を行ってくれる傾向にあります。治療する歯の本数によってかなり金額に幅があり、高額になってしまうケースもあるのがセラミック治療の特徴です。

医療費控除の対象になる分に関してはきちんと確定申告を行うことによって、その分支払う税金を抑えることができるのでお得になります。