歯が抜けた後、なるべく自前の歯と似ている方が良いと考える人が多いのではないでしょうか。

インプラントは前歯に利用しても他の人から違和感を持たれることがない自然な歯にすることができ、入れ歯のように外して毎日お手入れをするという手間もありません。安定感も高いので食事や話をする時などに不自由することもありません。そのために自分もインプラントに挑戦してみたいと考える人も増えてきました。

しかし全ての人に処置することができる治療ではなく、外科手術をすることからリスクや失敗の可能性もあるのです。それをしっかりと理解した上で、医師と相談しながら受けてみるといいでしょう。



【広告】

インプラントについて

インプラントは歯根となる部分をあごの骨に埋め込むことから始まっていきます。この時に埋め込む部分の骨の厚みが薄いようであれば厚みを出すための手術を行う必要があり、歯根がしっかりと骨に定着するまでには半年ほどの期間がかかることもあります。

1ピースタイプと2ピースタイプ

インプラントには1ピースタイプという歯根と歯が一体となったタイプもあるのですが、そうなれば一回の手術で完了できることになります。パーツが一つだけであることから、予算的にも安く済ませることができるというメリットも持っています。しかし、もしも歯が欠けたなどのトラブルがあれば歯根から取り外さなければならくなり、大掛かりな外科手術が必要になってきます。

そのリスクを考えて人工の歯根と歯が分かれている2ピースタイプを選ぶ人もいます。

インプラント治療は失敗することもある?

インプラント治療を受けることに決める前によく考えておかなければいけないことが、失敗することがないとは言い切れないということ。

今では、多くの歯科医院でインプラントを受けることができるようになりました。しかし、どこの歯科医院でも同じようにクオリティの高い治療が受けられるというわけではありません。ただ多くの歯科医院で受けられるようになっているだけで、まだまだ技量があまり高くない歯科医院もないというわけではありません。なので治療を受ける際には、歯科医院のクオリティが高いかをしっかり調べてからにしましょう。

インプラント専門の歯科医院であればあまり問題はありません。またインプラントの専門医がいる歯科医院などが良いでしょう。インプラントの費用が相場とあまり大きく離れていないことも目安として考えると良いかもしれません。慎重にどこの歯科医院で受ければ良いのかを考えれば、せっかく治療したのに安定感がない、違和感がある、痛みがあるといった失敗をする確立を下げることができます。