インプラントは今非常に注目されている治療方法です。

従来の入れ歯などを使った治療の場合、自然な歯と全く同じように噛むことが出来ませんでしたが、インプラントにすればほとんど一緒の感触でものを食べることができます。

インプラントの寿命

インプラントを使用する際に最も心配になるのはその寿命です。インプラントは歯根から作る人工の歯になりますが、インプラント自体には寿命がなく半永久的に利用ができるものです。

メーカーによっては10年保証をつけているところもありますので、ほとんどの場合10年以上もつことが期待できます。ただしそれも使い方次第だということを覚えておく必要があります。

インプラントを入れてからのメンテナンスによっても、せっかく入れたインプラントを失ってしまうこともあります。定着させるまでには時間がかかるものであり、定着後には自分の歯のように自然になじんでしまうことから、お口の中の手入れをおろそかにしてしまいがちです。

一番寿命が縮みやすいのは歯周病になることです。インプラントを使っていると通常よりも歯周病になりやすいです。放置していると歯茎の調子がだんだん悪くなってきて、せっかく埋め込んだインプラントが台無しになってしまうことがあります。ですので、インプラントを使う際は定期的なメンテナンスがとても重要となります。

口腔内のケアを怠らないことが大事

インプラントを入れた後も引き続き歯や歯茎のケアをすることが重要になってきます。インプラントを利用することになる原因として、怪我や事故によって歯を失ったというケースもありますが、大半は虫歯や歯周病によって根元から歯をだめにしてしまったというケースが多いものです。

インプラントであれば虫歯になることはないものの、歯周病の可能性は持っています。また骨の状態によっても土台を支えている人工歯根を支えきれなくなることがあり、それによって再び歯を失うことにもなりかねません。毎日しっかりと歯磨きを行うという自宅でのメンテナンスも重要ですが、定期的に歯科クリニックに通って歯石を除去してもらうなどのプロのスタッフによるお手入れも欠かせません。