インプラント治療とは、何らかの理由(虫歯・歯周病・事故)で自分の歯を失ってしまった人の顎の骨に人工の歯根を埋め込んで固定してその上に人工の歯を被せる治療のことです。

顎の骨にしっかりと固定するため自分の歯と変わらないしっかりとした嚙み心地を維持できます。治療は基本的には保険適用外の自由診療になるため、価格は歯科医院によってばらつきがありますが1本およそ20~30万円前後であることが多いです。

しかしインプラントは医療費控除の対象になります。

インプラントは医療費控除の対象になる

医療費控除とは、1年間(1月1日から12月31日まで)に医療費が10万円以上かかった場合に所得税から一定の金額が控除されるというものです。

控除額は、個人の所得と1年間にかかった医療費の総額によって決まるので個々によって額は違ってきます。詳しい金額は最寄りの税務署で教えてもらえます。

これらを正式に税務署に申告することで医療費の一部が戻ってきます。

医療費控除について

医療費控除は一年間に支出した医療費から10万円または総所得の5%相当額のいずれか少ない方の金額を差し引いて計算した控除額を、総所得から差し引く事ができる制度です。これにより課税所得が減額され税金が安くなります。

ただし、医療費からはそれを補填した保険金などが控除され控除額も200万円が限度となる上、歯の治療は一般的な水準を著しく超えない部分のみが対象となります。例えば、一般的な治療材料である金やポーセレン、発育時の子供に対する不正咬合といった年齢や矯正目的からみて必要とされる歯列矯正は医療費と認められます。

なお、ローンあるいクレジットカードなどにより治療費を支払う場合は、その全額は治療をした年の医療費となります。このようにインプラント治療に係る費用は医療費控除の対象となる為、その費用に所得に応じた税率を乗じた分だけ税金が安くなります。しかし元々税金が少ない、あるいは発生しない人などは節税にならないケースもありますので注意して下さい。

控除の申告の際には医療機関から受け取った領収書が必要になりますので大切に保管してください。医療費の中には通院に必要な交通費(バス、電車代)などの交通機関の料金は含まれますが、マイカーなどのガソリン代は含まれませんので注意してください。また、その年に控除の申告を忘れてしまった場合でも5年間さかのぼって申告ができます。

金額について

医療費控除の対象となり、控除される金額については国税庁のホームページで以下のようになっています。

医療費控除の対象となる金額

医療費控除の金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。

 (実際に支払った医療費の合計額-(1)の金額)-(2)の金額

(1) 保険金などで補填される金額
(例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など
(注) 保険金などで補填される金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。

(2) 10万円
(注) その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額

インプラントは高額なため控除額も大きい

インプラント治療は多くの場合で保険を適用できない為、数十万円から百万円近い高額な費用が必要となりますが、それらの費用は医療費控除として確定申告する事で税金を安くする事ができます。忘れずに申告するべきでしょう。