治療費が高額になるインプラントですが、保険適用となるケースがあります。



【広告】

インプラントとは

歯をなくしてしまった部分にもう一度歯を取り戻したいと考えた時に有効な治療法のひとつにインプラントがあります。

人工の歯根を埋め込みその上に人工の歯を取り付けていく方法で、周辺の歯に負担をかける事がないだけでなくしっかりとした噛み心地を取り戻す事ができる治療法として人気になっています。自然な噛み心地を取り戻す事が出来れば食事を美味しく楽しむ事ができるようになり、健康な生活を取り戻せるという人も多くいます。

インプラントが保険適用になる条件

インプラントというのは、基本的には審美目的の治療と見なされ保険適用外の治療となりますが、以下の条件に当てはまれば保険が適用となります。

インプラント治療で健康保険が適用されるのは、インプラント以外での回復が困難であると判断される症例です。

インプラントの保険適用基準

以下の条件の最低1つを満たしていること

  • 先天的にアゴの骨の3分の1以上が連続的に欠損している場合
  • 上アゴの3分の1以上が連続的に欠損していて、かつ鼻腔や副鼻腔につながっていると診断された場合
  • 病気などが原因で、下アゴの3分の1以上が連続的に欠損していると診断された場合
  • アゴの骨の形が不完全な場合(形成不全)
  • 骨の移植によってアゴの骨が再建された場合

上記いずれかにあてはまる場合は、インプラント治療が保険の適用となります。

保険適用を申請する場合には、医師または歯科医師によっていずれかの条件が証明されなければなりません。

事故で顎の骨を3分の1以上欠損している場合や、病気で顎の骨がない状態以外ではインプラントを保険適用にすることは難しいと言えます。つまりインプラント以外の治療法では回復が困難と見なされた場合のみ保険が適用になるということですので、一般的にはインプラントは保険適用外の治療だと考えた方がいいでしょう。

金額は歯科によって全然違う

インプラントのメリットを理解していていも治療費の問題で諦めてしまっている人は少なくありません。ですが治療費というのは歯科医院によって様々です。とても高額になる事もあれば想像していたよりも安い費用で治療を受けられるという事も少なくありません。安い料金で治療を受けるためには歯科医院の選び方が重要になってきます。

歯科選びの際に注意しておかなければいけないのが費用総額です。インプラント自体は安くても治療以外に様々な費用がかかる事は珍しくありません。予算内で治療を受けたいと考えるのであれば、全ての費用が込みになっている治療を提供している歯科医院を選んでおく事が有効です。