歯を失った際の治療でよく使用されるインプラントのデメリットについて。

インプラント治療のデメリット

インプラント治療は歯茎に金属製の人工歯根(インプラント)を埋め込んで、骨に接着させる事で歯のない部分に歯を作る事ができます。様々なメリットがあり選ばれることが増えていて医師は積極的に進めてきますが、デメリットがあることをしっかり確認しておくべき治療でもあります。

高度な外科処置が必要になる

デメリットとしてまずは外科手術が必要になることです。この治療は骨の中に土台を埋め込み、その先端に人工歯を取り付けるというものですが、クラウンを被せるだけの治療と比べても大がかりな内容となっています。

歯茎を切開して金属のボルトを埋め込む麻酔を使った外科処置になるので、大きな神経や血管を傷つけたり、最悪の場合麻痺が残るなどの恐れもゼロではありません。どの外科手術にも言えるものの、身体的なリスクが伴うことになりますのでハードルの高い治療と言えるでしょう。現に痛みが残ってしまったり、安定せずに何度も治療が必要になるといったこともありますから、歯科医と十分に相談した上で行わなければいけません。

金属のボルトは必ず骨に定着するわけではない

全てのインプラントが骨にしっかり接着するとは限りません。

インプラントは骨の中に挿入した後に、骨とインプラントがうまくついた状態となって初めてかむことができます。しかし発生頻度はあまり高くはありませんが、歯の状態によっては骨とインプラントがうまく付かずに使用できないことがあります。

重度の骨粗しょう症の患者さんや、糖尿病の患者さんにはインプラントをすることができない骨粗しょう症や糖尿病の患者さんの場合、インプラントの治療を行ってもうまく付かない場合が多く、傷の直りも悪いため感染症を引き起こす可能性が高くなります。

骨を移植しないといけない場合も考えられる

もし骨が上手く付かないと判断された場合、インプラント治療を行う前に自分の骨や人工の骨を移植しなければならず、大掛かりなものとなる可能性があります。こうなるとさらに時間がかかりますし、やはり痛みも伴うということをよく覚えておきましょう。

骨の状態によっては失敗となる事もあり、重度の糖尿病や骨粗鬆症がある人はこの失敗の可能性が高いため治療が受けられない事が多いです。

治療後もメンテナンスが必要

治療成功後もきちんとメンテナンスをしないと歯周病になることもあります。自前の歯に比べて身体がインプラント周辺をケアする力が弱いので、特にこの点は気を付けましょう。

インプラントの歯自体がダメになってしまう可能性は低いですが、金属のボルトを支えているあごの骨や歯茎がダメになってしまうことでインプラントも悪くなってしまう可能性はあります。

治療期間が長い

個人差がありますがインプラント完了までは少なくとも半年程度の時間がかかります。

インプラントの魅力でもある土台の安定感は、骨としっかりと結合することによって得られます。必然的に結合させる時間が必要になり、それだけで数ヶ月を要します。骨に金属のボルトを固定するのにかなりの期間安静にしておかなければならず、身体にしっかり馴染んで固定するまでに半年ほどの期間が必要になります。歯周病などで上手く安定しない可能性もありますのでもっと時間がかかることもあるのです。

費用が高額

最後にコストがかかる事が最大の難点かもしれません。費用が非常に高いインプラントは通常の歯科治療とは異なり、保険は適用されませんので全額自己負担での支払いとなります。全額自己負担で高額療養費の対象とはなりませんので数十万円以上の自己負担費用が必要となることが多く、場合によっては1本の治療で30万円以上の費用が掛かることもあります。一度で支払うことが困難な場合はデンタルローンを組むなどの対策が必要となります。

欠点を理解する

永久歯を抜歯して欠損してしまった部分の補完治療として、歯科医院で保険適用内の方法としてブリッジ、差し歯治療などがありますが、見た目の美しさや周りの歯に負担をかけずにピンポイントで処置できる方法としてインプラントが注目されています。

とても優れたインプラントと言われていますが、治療に欠点も少なからず考えられます。とても人気があることもあり、あまり技術力に優れていない歯科医にも関わらず手術を行ってしまうことがあります。近所の歯科医院でも受けられるとなると、何度か通うことにもなりますしそこに決めてしまう人もいるでしょう。人気がある治療とは言っても、インプラントは歯科医の技術力に大きく左右されるのでどこでも同じだと思わないでください。

手術を必要とする治療ですから気を付けなくてはなりません。そして誰もが受けられるとは言い切れないことも重要です。歯が弱い人の場合はインプラントを埋め込み固定することができないので断られることもあります。

定期的に歯科医院に通えば問題はないはずです。これらの欠点やデメリットを理解した上でインプラント治療を受けるのならば不要なトラブルは起こらなくて済むはずです。じっくりと考えた上でインプラントにするかどうかを決めましょう。