インプラントとは、失った自分の歯の代わりに人工の歯根(金属のボルト)を顎の骨に埋め込んで、その上に人工の歯を装着することで噛み合わせを回復する治療方法のことを言います。

インプラント治療にかかる期間

インプラントの治療期間は長いと言われていますが、どれくらいの期間を必要とするのでしょう?

治療計画をしっかりと立てる

インプラント治療の一般的な流れとしてまず始めに検査と治療の計画を立てます。失った歯の数や骨の硬さや大きさ位置など人それぞれなので検査した上で、その人にあった治療プランが必要になります。

一次手術

次に一次目の手術を行います。この段階での歯茎を切開して顎の骨を削り、インプラントを埋め込みます。一次手術のあとは一般的には3ヶ月から6ヶ月程度治癒期間を設けます。その後二次手術に移ります。

二次手術

骨とインプラントが結合して安定した後、人工の歯を接合させる部分を埋め込んだものに装着する処置になります。この状態で1週間から6週間程度の期間様子を見ます。最後に型をとって人工の歯の制作に移ります。人それぞれ形や色合いが違うのでより似せるように制作します。こうしてできあがった人工の歯をインプラントに取り付けて完成となります。

このようにインプラント治療には半年以上の時間がかかります。

インプラントはどれくらいもつの?

インプラントは入れた後には一生利用ができるような頑丈な作りになっているので、寿命が来てまた新しいものに取り換えるということもありません。自分の歯であれば虫歯になって歯を失うことがありますが、インプラントの場合には虫歯によって歯がなくなるという心配はありません。しかし、歯周病など口腔環境の悪化によってインプラントであってもまた歯を失う可能性を持っています。

インプラントを入れるともともと自分の歯だったような感覚で快適に過ごすことができるため、安心しきってお手入れを怠ってしまう人もいるものです。けれども毎日の歯磨きをはじめとしてデンタルクリニックでのお手入れも欠かせません。定期的に通ってプロのスタッフに歯石を取ってもらったりインプラントの状態をチェックしてもらうようにします。

インプラントを再び失ってしまう原因は、歯周病の他にも骨にも関係してきます。インプラントを支えている骨が弱ってしまえば支えきれずに折れてしまうことになります。カルシウムが多く含まれている食事に気を付けるなど、普段からの食生活もインプラントを長く利用するためには必要になってきます。

しかし段階を踏んできっちり治療していくことでインプラント本体の寿命も長く良いものに仕上がるとも言えますので先生と良く相談した上で納得のいく治療をするようにしましょう。