歯科治療においては、歯が無くなった部分に対して行われるものとして、大きく差し歯とインプラントがあります。双方は誤解をしている人も多く、治療を受ける場合には違いを理解しておくことが大切です。

前歯を折ってしまったという場合、まだ歯根が残っていればそこに被せものをして差し歯にすることもできますが、歯根から失ってしまった場合の被せものとしてはブリッジを行うことになります。両側の歯を小さく削って失った歯に被せることになるのですが、せっかくの健康な歯を削ってしまうことはとてももったいないことです。

また入れ歯にするという方法もあるのですが、取り外し可能なことから毎日のお手入れが必要になり、食事の際には金具に食べかすが詰まるなどのトラブルも発生しがちです。

しかし、インプラントであれば一本の独立をした歯になるので他の歯に影響を及ぼすことはなく、定着してしまえばまめなお手入れをする必要もありません。



【広告】

インプラントとは?

インプラントは、人工の歯根となるパーツを歯茎の奥の骨に埋め込み、そこに人工の歯を接続するという方法で作られることになります。

インプラントとは、医学的には医療目的として体に埋め込む器具の総称を指し、歯科治療においては歯根の代わりに顎の骨に埋め込むチタン製の歯根のことを指します。通常、治療名として用いられていることが多く、歯を失った部分に顎の骨にドリルで穴を開け、歯根の代わりとなるチタン製のインプラントを埋め込み、その上に人口の歯を取り付けます。

大きなメリットとして、異物感や違和感がほとんどないことがあり、しっかりと固定されるために歯を失った部分の顎の骨が痩せる心配がないことがあります。また天然の歯と同様の見た目に近づけることができる点もメリットの1つです。

他社との互換性はない

インプラントは各メーカーから販売されているので豊富な種類がありますが、歯根となるパーツと歯になるパーツとは他社との互換性がないことから同じメーカーの物を使用しなければなりません。顎の骨に埋めてからまた取り換えるというのは大きな外科手術ともなるので、今後のことも考えたインプラントの種類選びが必要になってきます。

差し歯とインプラントの違い

差し歯とは、歯の中に人口の歯の付いた金属の土台を埋め込む方法です。

インプラントとの違いは、歯の根っこの部分に金属の土台をたてることになるため、歯の上の部分だけが無くなった場合に用いられる治療法となります。つまり、処置には最低でも根の部分が残っていることが条件となります。

特徴としては、種類によって保険診療となる場合と自由診療となる場合があり、材質が硬質レジンでは保険適用、セラミックなどの素材の使用では自由診療で全額自己負担となります。

歯の根っこが残っているかどうかで決める

前歯が折れたり欠けたりした、または虫歯などで歯がなくなってしまったという場合でも、まだ歯根が残っていればそこに人工の歯を被せる差し歯にすることができます。

しかし歯根まで一緒に失ってしまえば差し歯にすることができません。歯根がなくなってしまった場合の差し歯治療としてはブリッジがあります。ブリッジは歯根を土台として被せものをするのではなく失った歯の両隣の歯に橋渡しをして被せものをするという治療法で、入れ歯のように取り外すこともないので毎日外しては掃除をするという手間もないですが、被せものをするために両隣の歯を小さく削られてしまうものであり、せっかく健康であった歯まで負担を与えることになってしまいます。

歯根がなくなってしまった部分一か所だけ歯を入れたいという場合に、近年の新しい歯の治療方法としてインプラントがあります。これなら人工の歯根を作ることになるので他の歯に影響を与えることはありません。

ただ手術をして歯茎の奥の骨に人工歯根を埋め込むことになり、半年から一年ほどかけて定着させた後に人工歯を被せることになり、大掛かりな手術をしなければいけません。

完成してしまえば、以前のようにおせんべいなどのかたいものも美味しく食べることができ、見た目にも美しいことから前歯に使用しても自然な仕上がりであることから人気があるのですが、中には治療を受けることができない人もいます。

骨の状態によってもインプラントを埋め込めない人もいるので、検査や医師との相談によって決めることになります。差し歯とインプラントの違いをしっかり理解して、自分に合った治療法を選ぶことが大切です。