日本は健康保険制度が充実している国として有名です。

保険証提示で、歯科医院でも基本的な治療が低負担で受けられます。

しかし健康保険制度ではいろいろな制約があって、審美性にこだわった治療を希望する場合には保険が使えないといったケースがあります。

これは、健康保険制度での歯科治療が昨日と健康の回復を目的とするものとして位置付けられているためです。

最近では、かつての銀歯での治療箇所を白い素材に交換したいという希望で来院される患者さんが増えています。

そういった審美治療で人気の素材のひとつに、ハイブリッドセラミッククラウンがあります。



【広告】

小臼歯に適したハイブリッドセラミッククラウンとは?

保険診療の治療でもよく使われる歯科治療素材のプラスチックであるコンポジットレジンと陶器の素材であるセラミックを混ぜ合わせた素材で、双方の素材のちょうど中間の性質を備えた素材であるといえます。

インレー(詰め物)としても、またクラウン(かぶせ物)としても用いられ用途が広い素材でハイブリッドと省略して呼ばれることもあります。

ハイブリッドインレー・クラウンなどがこの素材を使った治療です。

ふたつの素材を混ぜ合わせているので、それぞれの素材のメリットを持ち合わせています。

セラミック素材のメリット

  • 治療から時間が経っても変色など劣化が少ない
  • 天然の歯に近い透明感や色調のグラデーションが可能
  • 金属アレルギーの心配や歯茎の黒ずみのリスクがない

コンポジットレジンの長所

  • 軟らかくなじみが良い
  • 歯本来のたわみに合うので噛み合う歯への影響が少ない
  • 安価であること

といった、両者のメリットを備えているので、強度的にも見た目的にも両者の中間を取ったような優れた素材です。

レジンよりも強度に優れている上、セラミックよりも治療費用を抑えられるという大きなメリットのある治療といえます。

強度・審美性ともに優れているのでインレーにもクラウンにも使え、口を開けた時に他人から目立ちやすい小臼歯・前歯から数えた時の4番目と5番目の歯の治療にも適しています。

この前歯から4番目と5番目の歯のクラウンを使った治療については、平成24年4月よりコンビュータ制御で歯型を立体的に読み取り補綴物を制作するという条件付きでハイブリッドクラウンに健康保険が適用されるように制度が改訂されています。
※金属アレルギーの方は6番7番の大臼歯も保険適用となります。

この前歯から4番目と5番目の葉については、それ以前の健康保険制度では金属を使った治療の対象になっていた箇所です。

前歯はオールセラミックの方がいい

メリットが多くあり安価なハイブリッドセラミックですが、レジンが混ざっているためどうしても変色は起こってしまいます。

なので前歯など目立つ箇所の治療をするのであればオールセラミック治療を選んだほうがいいでしょう。

今は保険外治療も安い価格でできるようになってきています。

前歯2本でたった10万円!?セラミック矯正にかかる費用