日本は、世界的にも有名になっているほどに健康保険制度が充実した国です。

皆保険の国なので、歯科医院で治療を受ける時にも健康保険証を提示すれば低負担で治療が受けられるというメリットがあります。

健康保険制度を使った歯科治療には、いろいろな制約があります。というのは、健康保険制度では歯科治療の目的を健康回復と機能回復に位置づけをしているからです。

このガイドラインの存在により、見た目がきれいで目立たない治療、快適な治療を希望するとなると健康保険は適用されないというルールです。

健康保険適用外の治療は自費・自由診療といって、費用は全額が患者さんの自己負担になりますから保険の治療に比べると一般的に高額です。

それでも、かつて治療を受けた金属の差し歯や詰め物を審美性の高い素材に交換したいという相談で審美歯科を受診する方は急増しています。



【広告】

レジンよりも寿命が長く変色が少ないハイブリッドセラミック

審美治療の素材のひとつに、ハイブリッドセラミックがあります。

この素材は、陶器の材料を使ったセラミックに歯科での一般的な治療でもポピュラーなプラスチック素材のコンポジットレジンを混ぜ合わせた物です。

ふたつの素材が組み合わされているので、双方の素材のメリット、いい所を兼ね備えているのが特徴の素材です。

陶器素材のセラミックには、天然歯に近い透明感やグラデーションを再現でき、金属アレルギーや金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色リスクが少ない、寿命が長いというメリットがあります。

またレジンの方は、柔軟性があるので歯の形になじみやすい、噛み合う歯へのダメージが少ない、費用が安価といった特徴を備えています。

ふたつの素材のメリットを備え、レジンよりも変色しにくく寿命が長く、またセラミックよりも安価なので審美性を追求した治療を受けたいという方に大変人気が高くなっています。

その柔軟性と歯へのなじみやすさから、インレー・詰め物、クラウン差し歯の両方に使われるのも特徴で、それぞれハイブリッドインレー、ハイブリッドクラウンと呼ばれています。

ここで、前歯から4番めと5番目の歯は小臼歯という歯で、話したり笑ったりした時に他人からよく見えることが多く、この歯の金属を審美性の高い素材に替えたいという悩みを持つ方が多いようです。

保険適用になる箇所もある

ハイブリッドセラミックのクラウンは、4番5番の小臼歯にも適した治療です。

また平成24年4月に制度改定が行われ、コンピューターを使った制御でクラウンを作成するという条件付きで4番5番の小臼歯へのハイブリッドクラウンの治療は保険適用になっています。
※金属アレルギーの人は6番7番の大臼歯も保険が適用になります。

ですがハイブリッドセラミッククラウンは、セラミックというもののレジンが混ざっているのでどうしても変色は起こってしまいます。

小臼歯を安い値段で白くしたい場合にはいいですが、前歯の治療はオールセラミックにした方が確実に綺麗にすることができます。

前歯2本でたった10万円!?セラミック矯正にかかる費用