白くてキレイな歯は誰にとっても憧れですが、本格的なホワイトニングは歯科クリニックに行かないと受けられないと諦めている方が多いでしょう。

歯科クリニックではさまざまなメニューを用意しているため、自分の希望に合ったメニューを選ぶことができます。もちろん効果も高いですから、わずか1回の施術でも十分な効果が実感できたという方が少なくありません。

歯科クリニックに行きたいけど仕事が忙しくてなかなか時間が作れないとお悩みなら、自宅で手軽に実践できるホームケア商品を購入するといいでしょう。



【広告】

自宅で歯を白くする方法

表面のエナメル質についてしまっている汚れを落とすだけならば、自宅で簡単にできる方法もあります。

市販のホワイトニング商品は種類が多く、ドラッグストアやスーパー、コンビニなどでも購入できますし、インターネット通販で注文することも可能です。

商品の詳細を確認しながらじっくりと比較したいという方にはインターネット通販がおすすめです。通販サイトには商品に配合されている有効成分が詳しく紹介されていますし、実際に使用している方の口コミも載っているので商品選びの参考になります。

市販のホームケア商品と一口に言っても種類が色々あるので、どの商品を選ぶか迷ってしまうこともあるでしょう。そんなときは使い方や成分をチェックすると選びやすくなります。

日常の歯磨き粉をホワイトニング用のものにする

自宅でできる簡単なホワイトニングの方法としては、専用の歯磨き粉で歯を磨くということです。これならいつもやっていることですし、歯磨き粉を変えるだけでいいので非常に簡単に歯を白くすることができる方法です。

ホワイトニング用の歯磨き粉というのは、中に歯の汚れの部分を研磨してきれいにしてくれる成分が含まれています。あまり多量に利用して使い過ぎてしまうと歯の表面を削り過ぎてしまう原因にもなりかねませんが、正しい使用法で使用すれば問題なく黄ばみなどの汚れを落とすことができますし手軽に利用することができるでしょう。

歯磨き粉タイプなら普段使用している歯磨き粉を交換するだけで良いので無理なく続けられます。他にも美容液タイプや歯に直接貼り付けるタイプもあるので、それぞれの商品の使い方を確認しながら自分に合うタイプを選びましょう。

歯の消しゴム

その他にも自宅でできる方法としては、歯の消しゴムを利用するというやり方があります。

歯の消しゴムというのはホワイトニング用の歯磨き粉の研磨成分を凝縮して作られているもので、文字通り歯を消しゴムでこするようにして利用します。掃除で使うスポンジなどをイメージするとわかりやすいかもしれません。この歯の消しゴムも自宅で簡単に使用することができますが、やはり研磨する力が強力なので使い過ぎには要注意です。

黄ばみの原因

歯というものは毎日歯磨きをきちんとしていてもいつの間にか黄ばんできてしまうものです。歯の黄ばみの原因は、例えばタバコであったり、コーヒーや紅茶などの飲み物など様々です。

タバコやお茶などが黄ばみの原因になっている場合は、歯の表面にあるエナメル質に汚れが付着してしまっていて、普通の歯磨きではなかなか落とせないといった状況にあります。ですからホワイトニング効果のある歯磨き粉などを使ってきれいに磨くことができれば、比較的簡単に歯を白くすることは可能です。

歯を白くするためについやり過ぎてしまうかもしれませんが、自宅でするホワイトニングは週に一回程度でも十分効果がありますし、それ以上になると逆に歯を傷つけてしまう可能性があるので注意しましょう。

歯を白くするためには、まずは日頃からしっかりと歯を磨いて、汚れがつかないように意識することが大切です。そして自宅でできる簡単な方法で、定期的に歯のメンテナンスを行いましょう。

そして注意しなければいけないのが、これらはあくまで「本来の自分の歯の色に戻す」というホワイトニングであり、元の色以上に白くすることはできません。日本人の歯は特に黄色がかっているのが自然であるため、芸能人のような真っ白な歯にするためには薬剤を使用したホワイトニングをする必要があります。

ホームホワイトニング

ホーム用のホワイトニングは市販のものだけでなく歯科クリニックでも提供しています。

歯が黄ばんでしまう理由があるのですが、これは歯の表面のエナメル質ではなく内部まで汚れが浸透してしまったり、長年の蓄積によって内側から色が変わってきてしまうことです。本格的に歯を白くするのであれば、専門の歯医者などでホワイトニングをしてもらって歯の内部から白くしていく必要があります。

クリニックのホームホワイトニングの場合は歯科医師が使い方や効果を説明したうえで始めることができるので、初めての方も安心して使用できます。

マウスピースというホワイトニング用のトレーに専用のジェルを入れたら自分で装着させるだけで構いません。専用ジェルが歯の隅々まで行き渡って白くしてくれるタイプになっています。

使用する期間や一回にかける時間など細かいことは歯科医師が丁寧に説明するので、指示通りに使えば思い通りの白い歯を実現させることができます。自宅でケアできるホーム用なら自分の都合に合わせて使用できますから、仕事や家事が忙しい方も安心です。

マウスピースは一度作成してもらえばずっと使用することができますので、あとは薬剤を自分で購入することで好きなときにホワイトニングをすることができます。

マウスピースの作成料などは歯科によって違いますが、1万円程度であることが多いです。薬剤は効果の高いものがネットで数千円程度で手に入るので、費用はかなりお手軽なものとなっています。

歯科でのホワイトニングも

歯科クリニックではホーム用以外にオフィスホワイトニングも実施していますが、こちらは専用の液体を塗った後にライトを照射する方法で施術が行われます。

ライトを照射することでスピーディーな施術を可能にしており、その場で歯が白くなっていることが実感できます。1回の施術でも効果が得られますが、本格的に白い歯を実現させたい方は2回から3回程度繰り返して施術を受けることになるでしょう。

費用面で比較した場合は市販の商品が最も安く購入できます。インターネットの通販サイトでは定期購入コースを用意していることもあるので、長く続けて白い歯を手に入れたいと思ったら通常購入よりも定期購入コースを選ぶといいでしょう。

歯を白く保つ

歯を白く保つためには、黄ばみが染み込んでしまう前の早めのケアが大切です。

日頃から歯を白くすることを意識して、定期的にホワイトニングをしておくとよいでしょう。また黄ばんだかなと思ったらすぐに対処しておけば白い歯を維持することも難しくありません。

歯が白ければ印象もよくなり、自分に自信を持てるなどメリットも多くあります。まずはきれいに歯を磨くことから始めるとよいのではないでしょうか。

虫歯治療をした部分は白くならない

注意したいのが「虫歯治療をした部分は白くならない」ということ。いくら周りの歯を白くしても、虫歯治療痕のある歯が白くならなければそれがより目立ってしまいます。

そういった歯はホワイトニングで効果が出ることはないので、近年では歯の表面を削ってセラミックのチップを貼り付けるラミネートべニア、セラミックの被せものを被せるオールセラミック治療などで白く自然な歯を手に入れる方も増えています。