差し歯には保険内で作れるもの、保険外になるもの、素材の違いなどによってたくさんの種類があります。

歯は健康のためにはとても大切ですし、奥歯はともかく前歯は見た目にも影響します。できるだけ性能の良い差し歯を作ることが望ましいのですが、費用を抑えるために保険内で作るとなると種類が限られます。

では保険内で作れる差し歯にはどのような種類があり特徴があるのでしょうか。



【広告】

保険内差し歯の種類と費用

保険内で作れる差し歯には「硬質レジンジャケット冠」「硬質レジン前装冠」があります。

硬質レジンジャケット冠

硬質レジンジャケット冠は歯全体が白いレジンで作られており、前歯に向いています。金属を利用していないために金属アレルギーの心配がありません。

また、全体が白いために見栄えは良くなります。しかし、長期間使用している内にすり減ってきたり黄色く変色してきます。

この費用は安い物だと1本が3000円から5000円程度となることがほとんどです。

硬質レジン前装冠

硬質レジン前装冠も前歯に利用され、内側部分は金属、表面は白いレジンで作られています。内側に金属を使用しているので強度があり、噛み合わせの強い箇所にも使用できます。

ただ、硬質レジンジャケット冠と同じく時間の経過とともに変色します。金属部分が溶けてくると歯と歯茎の境目が黒く見えてくることもあります。また、金属アレルギーを持っている人は使用できません。

硬質レジンジャケット冠に比べて耐久性に優れていますが、金額は5000円から8000円程度と少し高くなります。

どこに重点を置くか

どちらにもメリットとデメリットがあり、値段だけでは分からない事もあるので自分の口腔環境などからどの治療方法が1番適しているかを担当医師と相談して、予算、耐久性、審美などのどこに重点を置くかを考慮してから高い技術力と優れた技術を兼ね備えた歯科医院での治療が重要です。

また保険内治療を受ける場合、通院自体がストレスにならない様に通いやすい場所である事も時間のかかる歯科治療では考慮するポイントです。

保険内治療がおすすめできる場合

虫歯などの理由から前歯を差し歯する時は、2種類の方法があり保険適応外治療と保険適応内治療を選ぶことになります。

より高い耐久性や優れた審美を希望する場合は保険適応外治療を受ける方がいますが、予算的な事やメンテナンスが不得意などで虫歯になりやすい口腔内環境の方は、保険適応内治療がおすすめできる場合もあります。

ですが前歯は会話する時や食事の時、笑った時や口を開けた時など1番目立つ部分で前歯によって顔の印象が変わってきます。たしかに保険内の差し歯は費用を安く抑えることができます。しかし耐久性や長く付き合っていくことになる前歯のことを考えて、外見を自然で美しくすることができる保険外の差し歯にすることも考慮して検討したほうが良いでしょう。