歯の治療を行う時に気になる事といえば、健康保険が適用されるかどうかという事です。

差し歯を作る時、健康保険が適用される治療であれば1万円以下で治療が終わる事が一般的です。それに対して健康保険が適用されない治療になると10万円超えになる事も多く、費用の負担は一気に大きくなります。

保険内の差し歯

差し歯を作るのであれば、費用のことを考えて保険が適用されるプラスチックの歯で良いと考える人も多いでしょう。

メリット

保険内で差し歯を入れるメリットは、何といってもその費用の安さ。

料金が安いことで手軽に受けることができるため、見た目を気にしないというのであれば保険内で差し歯にするメリットは大きいと言えます。

食事をする、言葉を話すといった生活の上で欠かせない機能を確保するためには歯が必要です。そういった最低限の機能を維持するために健康保険が適用されます。

デメリット

保険内の差し歯は低予算で治療できますが、安いゆえのデメリットもあります。

プラスチックの歯というのは使っている間に色が変わりやすく、年月が経過すると周りの歯との色の違いが目立つようになります。

品質は圧倒的に保険外のものがいい

保険が適用されないセラミックの歯は、年月が経っても色が変わりにくく周りの歯との色の違いが気になるという事が少なく、長く良い見た目を維持できるというメリットがあります。

前歯の差し歯の場合、変色が目立てば歯を出して笑う事に抵抗を感じてしまう可能性がありますが、変色が少ないセラミックの歯であれば常に歯に自信を持った状態でいる事ができます。

保険適用外の治療は高額になりますが、治療費は歯科医院によって異なります。ですからセラミックの歯に興味があるのであれば、治療費の比較検討をしてみる事がおすすめです。

モノやサービスと値段は比例する

モノやサービスと値段は比例するものであり、これは歯科治療にも言えることなのです。保険内の歯科で受けられる治療の場合、理想の白さ・形状にすることができません。歯並びも完璧に整えることが難しいなど、様々な制限があることに気づくはずです。

保険外のオールセラミックの快適性は、保険内治療で実現することはできないのです。すべての治療を保険適用にしてくれればいいと思うかもしれませんが、そうなると医療費はますます高額になってしまうでしょう。日本における医療費は、年間30兆円を軽く超えているという現状があるのです。

保険内治療は痛み・噛み合わせの悪さなどを解消することはできます。ただし、審美性や快適さなどについては、妥協をしなくてはいけません。金属歯は安い素材が多いですが、金属アレルギーのリスクが少なからずあります。金属は経年劣化によって溶けてくるため、人体に少しずつ蓄積されていくのです。健康維持のためには体内に不要な金属は溜めたくないので、金属の差し歯が多い方は頃合を見てオールセラミックに変えていくといいでしょう。

保険外治療は高額というデメリットがありますが、それ以外はすべてメリットなのです。保険外の差し歯は昔ほど高くはありませんから一度検討してみるのがいいでしょう。