前歯が抜けたり欠けたりすると、見た目が悪いだけでなく他の歯にも悪影響がでてしまいます。できるだけ早めに治療をすることが大事ですが、差し歯の材質にもいろんな種類があるので、よく確認して自分のニーズにあうものを差し歯の材質として使うことが大事です。

歯科治療の中でも、差し歯は特に使用する素材より値段が大きく異なります。保険適応で治療した場合は3000円から80000円程度なのに比べて、審美的な理由や耐久性から保険適応外で治療した場合は40000円から200000円程度と幅があります。

保険外差し歯の種類と値段

差し歯の材質の種類で保険適用な材質というとプラスチック製(レジン製)の差し歯があります。保険適用なので費用は安いですが、しばらく使用していると変色したり着色することもあります。とても見た目が悪くなるので短期間で交換しなければいけません。

その点セラミックなど保険が適用されない素材を使用した差し歯なら、長い期間使用しても変色しないのでいつまでも使い続けることができます。

保険外の差し歯にはいくつかの種類があります。

ハイブリッドセラミック

  • 値段:4~10万円
  • 長所:比較的安い
  • 短所:歯が変色する

プラスチックを混ぜることで少し柔らかく作ったのがハイブリッドセラミックという差し歯です。歯ぎしりのある患者さんにも使うことができます。

その中でも1番値段が安いのはレジンにセラミックの粒子を練り合わせた素材のハイブリッドセラミックで、金属のコアを使用していない為金属アレルギーの心配もなく素材自体に十分な強度があるので、前歯だけでなく嚙み合わせの強い奥歯にも使用可能。値段は40000円から100000円前後になります。

保険適応外の中では比較的安価ではありますが、レジンを含んでいる為長期間の使用で徐々に変色してきますが気になる方は奥歯など目立たない場所に使用すれば問題はありません。

メタルボンド

  • 値段:8~15万円
  • 長所:金属のため頑丈
  • 短所:歯茎の変色が見られる

メタルボンドは金属の土台をセラミックの被せもので覆ったものです。昔から使われている治療法で、長期間使用しても強度的には問題ありませんが、金属の色があるので不自然な印象を与えてしまいます。金属を使用しているので歯や歯茎が黒くなりやすく金属アレルギーを持っている方は入れることができません。

ゴールド

  • 値段:8~15万円
  • 長所:身体に負担が少ない
  • 短所:見た目が気になることも

ゴールドは一般的に金歯と呼ばれているもので、口の中にあると目立ちます。それが気にならないというのであれば金は非常に優れた素材で、生体親和性が高いため身体との相性がよく、他の金属に比べて柔らかさもあるため長持ちします。

オールセラミック

  • 値段:5~15万円
  • 長所:美しく自然な見た目
  • 短所:奥歯には使用できない

セラミックだけで作られたオールセラミック。従来はセラミックだけでは強度の問題がありましたが、技術の進歩により可能になった新しい治療です。金属を使わないので透明感のある白さが特徴。ただオールセラミックは過度な力が一カ所にかかってしまうと破損の恐れがあり、歯ぎしりのある患者さんには使用できません。

ジルコニアセラミック

  • 値段:8~20万円
  • 長所:白く丈夫な差し歯
  • 短所:白さが少し不自然

そして最近は人工ダイヤモンドの素材であるジルコニアを使用した差し歯が登場しています。ジルコニアはアレルギーの心配もなく、体にやさしい差し歯を作ることができます。色が白いのは長所でもありますが、透明感がなく白すぎて前歯には適さないため奥歯やブリッジといった強度が必要な個所に使われることがほとんど。

長期的な目で見れば安い?

保険外の差し歯には種類がありますが、自分のお口の状態に合っているかどうかというのが一番大切になります。保険外なので、1本あたり10万円ほどの費用がかかりますが、その分長持ちし良い状態で使うことができます。

セラミック製のものは保険外なので費用も高額になるイメージがありますが、一度治療すれば長持ちするので長い目で見れば結果的には費用もお得になります。最近は保険外でオールセラミック製の差し歯にする人も増えてきましたが、格安料金でできる歯科医もあるのでじっくり比較して探すといいでしょう。

患者の満足度は高い

その他にも素材により様々なメリットとデメリットがあり値段も異なりますが、保険適応外の高価なものが全ての耐久性や審美を保証するわけではなく、歯科医や歯科技工士の技量に大きく依存する為歯科医院選びも重要になり、近年では審美歯科などの専門医も存在するので自分の予算に合った歯科治療で健康な歯になれば健康的な日常生活を過ごすことが出来ます。

前の差し歯は、とても目立つ場所ということもありますし、第一印象にも大きく関わってきます。ですから、保険内では銀やプラスチック系の素材になり、変色してしまったり見た目も良くありませんが、保険外ではありますが、セラミックにすることはとてもおすすめです。

お値段は各クリニックによって設定料金がことなるため、少しばらつきがでてきます。もちろん保険適用外になりますので高額になるということはありますが、歯は食事をとるときにももちろんそうですが審美的な役割もありとても重要です。どういったクリニックで治療を受けるかということは、口コミ評判であったりその値段を比較して決めていくことも大事です。

満足度はやはりセラミックに関してはとても高いですし、これを選んでよかったという方がほとんどです。その時は大きな出費と感じるかもしれませんが、変色もしにくいですし金属が流れて歯茎の変色が起こるということもありませんので、とにかく審美的な効果が大きいという点でもおすすめです。

口コミなどを確認して患者の満足度が高いクリニックから選び、複数の歯科でのカウンセリングと見積もりを取っていくと良いでしょう。その際セカンドオピニオンを利用することもおすすめです。