保険外の差し歯には、

  • ハイブリッドセラミック
  • メタルボンド
  • ゴールド
  • オールセラミック
  • ジルコニアセラミック

などがあり、それぞれに特徴やメリット・デメリットがあります。

保険外差し歯のメリット・デメリット

保険外の差し歯といっても種類がありますが、保険適用の差し歯の寿命が7~8年と言われているのに対して保険外の差し歯は平均すると10年~20年と言われています。

以下では種類別のメリットデメリットを挙げています。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックは保険内のプラスチックだけで作られているものとは違い、セラミックが加えられていますので強さや見た目に関して優れています。これは保険適用の歯と比較してメリットの一つです。しかし、プラスチックも使用しているため変色が起こるのが難点です。

メタルボンド

メタルボンドは、丈夫で汚れにくく変色をしないという利点があります。外側の被せものはセラミックですが、内側に金属のフレームを使用しているため金属アレルギーの方は使用することができません。また金属イオンが溶け出すことで歯茎が黒ずんだように見えるようになってしまうこともデメリットの一つ。

ゴールド

ゴールドはいわゆる金歯なので外見を気にする人には気に入られませんが、金は丈夫なだけでなく身体との親和性が非常に高く、身体にかかる負担が少ないという長所があります。

オールセラミック

オールセラミックはフレームもセラミックですので天然歯に近い外見を可能にしています。フレームが金属ではありませんので金属アレルギーを心配する必要はありません。強い負荷のかかる奥歯などには使用できず、前歯のような外見に関わる部分に用いられることが多い治療法。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミックは材質の特性上強度が強いというメリットがあります。こちらも金属を使用する必要がありません。また色がとても白いというメリットもありますが、それが返って自然さを打ち消してしまうため、奥歯には向いていますが前歯には不向き。

金額が高い分メリットは大きい

歯というのはステインが付着しやすく、コーヒーやお茶をよく飲まれる方だと歯が茶色や黄色に変色してきます。保険内のプラスチック歯は安いですが、材質が変色しやすいのが特徴です。

保険外の差し歯は高額であることを考えても、それ以上のメリットがあるのです。ある程度お金に余裕のある方だと、総じて差し歯は保険外の治療を選びます。

例えばオールセラミックだと、自分の思い通りの歯が手に入るのです。天然歯の美しさと耐久性、咀嚼力などがまとめて手に入るのですから、金額を考えても安いと言えるでしょう。

芸能人・モデルといった方は、一般歯科で差し歯にすることは非常に少ないのです。治療方法がかなり限定されますし、思い通りにならなくて再治療をするとなると高上がりです。

いずれ審美治療を受けるならば、早期のうちに選んでおいたほうが得策でしょう。オールセラミックの差し歯のメリットには、顔全体を美しくすることがあります。歯を治しても口周りが美しくなるだけでそれ以外の部位は変わらないと考えるかもしれませんが、実際は顔全体が美しくなるのです。

人間は容姿をチェックするとき、全体的なバランスとして美しさを認識しています。差し歯治療のメリットは絶大であり、職業の関係でオールセラミックにしている方もいます。営業・接客業は容姿や印象が武器になりますから、歯を治すメリットは絶大なのです。歯並びが整っていると美しく、清潔な印象を相手に与えることができます。

頭痛や肩こりがなくなる?

オールセラミックなど保険外の差し歯は高額なのがデメリットですが、白さを長く維持することができるのです。さらに歯の形を理想的な形状にできますし、噛み合わせがよくなることで生活の質が向上します。生活レベルというのは歯によって大きく左右され、特に食生活は影響を受ける部分なのです。

差し歯をオールセラミックにすることで、肩こりが解消したという方もいます。歯と肩こりは無関係に思えますが、実際には頭痛や首のハリなども関係しているのです。噛み合わせが悪いと、全身の骨格にアンバランスな力が加わってしまうので、痛みが発生するのは当然とも言えます。

慢性的な身体の不調がある方は歯を見直してみるのも大事かもしれません。