毎食後きちんと歯磨きをしているのに、歯医者さんに行くと「磨き残しがありますね。」と言われた経験がある方は多いのではないでしょうか。

定期的に歯医者さんに通いクリーニングをしてもらうとともに歯科衛生士さんに正しい歯磨きの方法を教えてもらうのが最善ですが、次回歯医者さんに行くまでに歯磨きの際に心がけておくべきことをいくつか挙げてみます。

正しい歯磨きの方法

正しい歯磨きの方法と言われて思いつくことは何でしょうか。歯ブラシの選び方やブラッシングの仕方、歯磨き粉の選び方など様々あることでしょう。

歯科医院の先生が言われることを守っていれば大丈夫、と言われる方もいらっしゃると思います。様々なやり方が言われるので、正直どうすればいいのか迷います。結局、虫歯が出来なければ良い、となってしまいそうですが、歯周病や歯槽膿漏など歯茎の健康にも気を配らないといけないので、虫歯が出来ていないからといって問題がない訳でもありません。

手で磨く場合

1つ目は、手で磨く方の歯ブラシの使い方です。歯と歯茎の間のいわゆる歯周ポケットを磨く際にも、歯と歯の隙間を磨く際にも歯ブラシは大きくゴシゴシと動かすのではなく、毛先を磨きたい部分に一ヵ所一ヵ所しっかり差し込むように入れて手を小刻みに動かします。

また、よく上下に動かす方がいますが、上記のような隙間を磨く際にも歯の表面を磨く際にも歯ブラシは前後に動かして磨くようにします。

電動歯ブラシの場合

2つ目は、電動歯ブラシの選び方とその正しい使い方です。電動歯ブラシには、回転式ブラシのタイプと前後に動くタイプの大きく2種類の形があります。2つのタイプはそれぞれ一長一短で、どちらの方が優れているということは一概には言えません。

歯医者さんでクリーニングの際に多く使われるのは回転式なのでこちらを選ぶ方も多いようですが、注意すべき点は磨き方です。手磨きのように細かく前後に動かしてしまうと、せっかくの機能が台無しに。回転式ブラシの場合は、一本の歯に対し数秒ずつ軽く垂直に押し当てるようにして磨きます。歯の外側を一本ずつ丁寧に磨き、外側が終わったら歯の内側、それが終わったら嚙み合わせの面を同様の方法で磨いていきます。強く当てすぎると歯茎などを傷めてしまうので軽く押し当てるようにします。

また、電動歯ブラシ派の方も歯と歯の間は磨き残しやすいので、電動歯ブラシで磨いた後に手磨きで歯と歯の間を一ヵ所ずつ上述のような方法で磨くと効果的です。

フロスを使用する

3つ目は、フロスの使用です。歯と歯の隙間は毛先が十分に届かなかったり、歯ブラシでは取り切れないカスが挟まっていることも多いので、歯ブラシで磨いた後に一ヵ所ずつフロスを使って仕上げます。フロスには必要な長さだけ切って使う糸のようなものやY字型になったものなどいろいろなタイプがあるので、自分が最も使いやすいものを選びましょう。

デンタルリンスを使用する

4つ目は、デンタルリンスでの仕上げです。面倒くさいのでデンタルリンスだけというのは論外です。上述のように正しく磨いた後に、殺菌などの効果を長続きさせるためにデンタルリンスを用います。

これらに注意して歯磨きを行えば、歯医者さんにも褒められる歯になるでしょう。

歯磨きのときにしてはいけないこと

逆にしてはいけないことも紹介したいと思います。

まず1つは、歯ブラシを中々交換しないことです。人にもよりますが、歯ブラシの毛先が広がっても交換しない人さえいます。完全に汚れや食べかす、歯垢などが取れません。毛先が広がり始める前に交換しましょう。

それに加えて、1度以上使用した歯ブラシにはどうしても菌が付着します。殺菌しない限りどんなに洗っても取れません。つまり長く使えば使うほど菌が増殖してしまいます。特に使用後、水を切るでしょうが、濡れたまま放置している人がほとんどなため、必ず菌は増殖しているのです。少なくとも、歯ブラシを使用した後は水気を良く切り乾燥に努めましょう。

次に、食事後すぐに歯磨きをすることです。子供の頃、食べたらすぐ歯を磨きなさい、と言われながら育った方は少なくないでしょう。しかし、食後すぐ歯を磨くのは良くないということが言われるようになりました。なぜなら、食後すぐの口腔内は、食べ物の酸や糖分で酸性に傾いているので、歯のエナメル質が弱まっています。この状態で歯を磨くと、歯の表面を傷つけてしまい虫歯のリスクが高まるからです。少なくとも食後30分経ってからが望ましいでしょう。

最後に、強く磨きすぎることです。軽く磨くと磨いた気がしない、と言われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、力を入れて歯を磨くことにはデメリットしかありません。なぜなら、汚れが取れないばかりか、歯と歯茎を傷つけてしまうからです。歯茎から血が出るほどの力では、歯周病や歯槽膿漏の方を除き(これらの疾患がある方は弱い力でも出血が見られるため)、強すぎです。長く続ければ続けるほど、歯と歯茎が傷つき少しずつ削られ、歯茎が下がって歯が長く見えるようになったり、冷たい飲み物で歯がしみたりしやすくなるのです。相対的に虫歯のリスクも上がります。毛先を立てたまま上手に使い、軽い力で細かく動かして磨くようにしましょう。大きく動かすと毛先が寝てしまうので、歯と歯の間の汚れが取れません。

以上が歯磨きの際してはいけないこととなります。これさえ気をつければ、問題ないでしょう。後は自分にあった方法や道具を使っていけば、虫歯や歯周病などのリスクを減少することが出来るでしょう。

なお、余談ですが一つ注意すべきことがあります。歯磨き粉を使う方がほとんどですが、磨いた後は十分にすすぎ口の周りなどに残らないようにしてください。人によってはわずかな歯磨き粉が残っていただけで口角炎になることもあります。毎日のことですからきちんとすすがないとなかなか治りませんので、特に敏感肌の方などご注意ください。