保険診療で虫歯治療をした時に銀歯を入れられた人は、笑うと見える銀歯を出来れば目立たなくしたいと思っているのではないでしょうか。



【広告】

笑うと見える銀歯を目立たなくしたい時に使える方法

口を開けた時に不意に見えてしまう銀歯は、奥歯であっても意外と目立つものです。

近年ではそのような奥歯を白い歯に変える治療を歯科医院で行っているので、利用を考えてみてはいかがでしょうか。

差し歯治療

奥歯の銀歯を白い歯に変えたい時は、差し歯という治療法を使う方法があります。

差し歯は歯の根を利用して土台部分を作ってから被せ物をするという治療法になり、被せ物の素材に白くてキレイなセラミックなどを選ぶことによって気になる銀色の歯を白くすることが出来ます。

奥歯には大臼歯と小臼歯という種類がありますが、小臼歯に白い素材で出来た被せ物を使う場合、自費診療で行うならセラミックを選ぶのがおすすめです。

セラミックの特徴

セラミックは色の変色が長期間起こりにくいという性質を持つので、長くキレイな歯でいたい人に適していますし、他の歯と色を合わせられる点もメリットになります。

それから、小臼歯は保険診療でもハイブリッドセラミックという素材を選ぶことで白い被せ物に変えることが出来ます。

ハイブリッドセラミックの特徴

ハイブリッドセラミックはプラスチックとセラミックを混ぜて作られた素材で、他の歯の色に近づけることが出来ますが何年か経つと黄色っぽく変色してしまうことがデメリットになります。

一方、大臼歯は歯の中でも噛んだ時に特に強い力がかかる所であるため、被せ物を白くしたい時には素材の強度を気にする必要が出てきます。

歯科用金属アレルギーの診断書がある人は大臼歯を保険診療でハイブリッドセラミックの差し歯に変えることが可能ですが、ハイブリッドセラミックは吸水性があり時間が経つにつれて劣化してしまうという特徴があるので、噛んだ時にかかる力に耐え切れずに被せ物が割れてしまうという危険性があることには注意しましょう。

ジルコニアセラミックの特徴

大臼歯を自費診療で白い被せ物に変えたい場合は、セラミックでは強度が足りなくて割れてしまうことがあるため、それよりも強度が強くて割れにくいという利点があるジルコニアセラミックを選ぶのがおすすめです。

ジルコニアセラミックはセラミックよりは透明感が劣りますが、歯ぎしりをする癖がある人や噛みあわせの強い人は割れにくい素材で差し歯を作っておいた方が安心して生活出来るので、ジルコニアセラミックを検討すると良いでしょう。

最後に

笑うと見える奥歯の部分が銀歯から白い差し歯に変わると、口を開けた時の印象が良くなります。

歯科医院で自分の噛む力の強さや予算に合わせて素材を選び、差し歯による治療を受けてみてはいかがでしょうか。