海外ではあまり行われていませんが、日本では虫歯治療には銀を使用する方法がメジャーであり、とくに奥歯などは銀歯になっていることがよくあります。

しかしながらどうしても口を開けば銀が目立ってしまいますし、銀と歯の隙間から菌が侵入し、虫歯や歯周病の原因になることもある上に、金属アレルギーなどの心配もあります。



【広告】

銀歯が見えるところを白くするための方法

最近では銀歯の治療も減少傾向にあります。

もっともすでに銀歯での治療済みの場合は、やはりいかに銀を白くすることで目立たなくするかが重要になってきます。

歯のマニキュア

まず一番簡単な方法としては、市販の歯のマニキュアを使用するといった方法で、これならばセルフケアでの実行が可能です。

しかし銀の場合は金属なのでなかなか綺麗に白くなりませんし、見えるところならば簡単ですが、奥歯などはやりにくいといったデメリットも存在しています。

ホワイトコート

もう少し高い効果を望むなら、歯科医院でホワイトコートと呼ばれるマニキュアを利用する方法があり、こちらならばセルフケアでのマニキュアよりも明らかに高い効果が期待できますが、やはりマニキュアなのでずっと白い歯のままでいられるわけではありません。

ホワイトニング

さらにホワイトニングならばもっっと完璧に白くすることができますが、費用が高いのがネックとなります。

コンポジットレジン

このように歯を白くカラーリングする方法はいろいろありますが、カラーリングではなく歯そのものを白くする治療も存在しています。

それが銀を取り除いて白い素材の詰め物やかぶせ物を利用することで、これならばカラーリングよりも高い効果が期待できますし、色落ちなどのリスクもありません。

もっとも白い素材にもいろいろ種類が存在しており、保険適応で一番安く済むのはコンポジットレジンというプラスチック素材ですが、耐久性や審美性がいまいちであり、長く使用していると変色などもします。

セラミック

審美性や耐久性に優れているのがセラミックで、こちらは陶器素材なので長く使用しても変色しませんし、本物の歯に近い美しいカラーが魅力的ですが、保険適応外なので費用が高額となるのがデメリットでもあります。

ハイブリッドセラミック

コンポジットレジンとセラミックの間であるのがハイブリットで、ハイブリットはセラミックとプラスチックの混合素材なため、コンポジットレジンよりは費用は高くてセラミックよりは安く、審美性や耐久性もその中間あたりといった特徴があります。

また一部条件付きですが保険適応になる歯もあるので、その場合はさらに費用を抑えることも可能です。