虫歯などが原因で歯を大きく削った場合、歯で食べ物を噛むことに支障をきたさないようかぶせものをする場合があります。

銀歯は保険が適用されるため、かぶせものとして一般的に使用されてきました。前歯は常に見えやすい部分なので前歯の治療に銀歯をかぶせている人は少ないですが、奥歯の治療にかぶせている人は多いです。



【広告】

口を開けたとき奥歯の銀歯が目立つのが気になる場合

奥歯の場合、普段は見えないのですが、口を開けたときに意外と目立ってしまいます。

そこで代わりに白い詰め物で歯を治療する方法として、保険が適応されるコンポジットレジン、硬質レジン前装冠といった治療方法があります。

しかしながら、コンポジットレジンは強度の問題により奥歯に使用することができません。

また、硬質レジン前装冠は前歯3本目までしか保険が適用されません。

セラミック

そこで一般的に奥歯に使用される白いかぶせものにはセラミックがあげられます。

このセラミックは陶器素材でできているため、ある程度の強度を備えています。

また、透明感のある自然な白い色味であるため目立ちにくく、食事や飲み物の色素でも黄ばみが着くことがほとんどありません。他にも金属素材でないため、金属アレルギーの方でも使用できるという特徴があります。

しかしながら、保険適用外となるため、1本あたり4万円から10万円ほどと、治療費が高くなることがデメリットとしてあげられます。

ホワイトコート

ホワイトコートという銀歯の上からマニキュアを塗って白く見せる方法もあります。

ホワイトコートは歯科医で施術してもらう他にも市販されているものを自分で塗るタイプもありますが、一般的には歯科医で施術してもらうホワイトコートの方が白さを長くキープしてくれると言われています。

ティーシーズ

ホワイトコートと同じように銀歯の上から使えるものとしてはティーシーズという人口歯を貼るものがあります。

ティーシーズは歯科医で施術しますが、抜歯や歯を削る必要もないので治療期間も短くホワイトコートに比べて色むらの心配がありませんが、人工歯を貼る方法のため歯に厚みが出てしまいます。

まとめ

このように目立つ奥歯の銀歯の代わりの治療方法はありますが、料金、強度、見た目などそれぞれメリットデメリットがあります。

歯は見た目の良しあし以外にも食べ物を咀嚼する重要な役割があります。

見た目が良くて安くても、虫歯になりやすかったり強度不足によって破損すれば長い目でみた場合、治療費が高額になる場合もありますので注意が必要です。