銀歯を隠すマニキュアを使うと銀歯などの差し歯を白くすることができ、口元が美しくなります。



【広告】

銀歯を隠すことができるマニキュア

差し歯は古くなると黄ばみや黒ずみが目立ってきますが、新しい差し歯にしなくてもマニキュアを塗るだけで差し歯が白くなりますので、経済的な面でもメリットが得られます。

審美歯科では歯を真っ白にすることができるホワイトニングによる審美治療が行われていますが、ホワイトニングで白くできるのは自分自身の歯だけであり、差し歯を白くすることはできません。

マニキュアを使うとホワイトニングでも白くならなかった差し歯も真っ白になりますので、ホワイトニングのデメリットを補うことが可能になります。

歯科医院で行う方法

歯科医院で行う方法はホワイトコートと呼ばれており、歯科医師にしてもらえますので綺麗に仕上がります。

ホワイトコートの効果は約1ヵ月で、自宅でするよりも白色の状態が長く続きます。

歯科医院でのホワイトコートは保険適用外になるため、1本あたり2000円から4000円程度の料金になります。

自宅で行う方法

銀歯を隠すマニキュアは歯科医院でできますが、自宅でセルフでできるものもあります。

自宅でセルフで行うには、ドラッグストアや通販サイトなどで歯のマニキュアを購入して、自分自身で歯に塗ることが必要になります。

価格は1セット2000円から3000円程度であり、1本だけでなく何本の歯にも使用することが可能です。

よって、費用は歯科医院のホワイトコートよりも格安で、手軽にできる点がメリットになります。

ただし、効果の持続期間は1日程度ですので、ホワイトコートのように効果が長続きしない点がデメリットです。

注意点としては、かなり変色している差し歯は白くならないことがあり、どのような歯でも絶対に真っ白になるわけではありません。

また、塗料を歯に塗るという仕組みであるため、歯に厚みが出てしまうことは避けられず、違和感を感じる場合があります。

安全性の面では問題はなく、安心して使用することができます。

ホワイトスカルプチャーとは

ホワイトコートやホワイトニングは永続的な効果を得ることはできませんが、ホワイトスカルプチャーだと5年程度にわたって歯が真っ白になります。

ホワイトスカルプチャーはつけ歯のことであり、自分自身の歯に人工のつけ歯を付けることで歯を白くすることができます。

ホワイトスカルプチャーは前歯全体を真っ白にすることが可能ですので、笑った時の印象がとても良くなり、口元の審美性が大きく向上します。