歯のマニキュアとは歯の表面を白くコーティングする方法のことです。

歯の表面が滑らかになりますし、艶のある白い歯を手に入れることができるでしょう。

また、即効性も人気の理由であり、塗った成分が乾いたら完了となります。短時間で歯を白くすることができるため、時間のかかる方法は嫌だという人にも向いています。

ちなみに、ホワイトニングだと歯に液剤を染み込ませて白くすることになるため、銀歯や虫歯、神経のない歯などには施術することができません。



【広告】

歯医者のマニキュアで銀歯を白くする費用

マニキュアなら銀歯などに対しても施術ができますし、白くできるというメリットがあります。

銀歯というのは口を開けた時に目立ってしまいますし、銀歯が目立たなくなるだけでも口元の印象がかなり良くなるでしょう。

特に結婚式や面接の時などは表情が注目されやすい場面ですし、マニキュアで白い歯にしておくのがおすすめです。自宅で商品を購入して歯を白くすることもできますが、歯医者でマニキュアを塗ってもらうこともできます。

ホワイトコートについて

歯医者で受ける場合はホワイトコートと呼ばれることが多く、ジェルネイルと同じような手順となっています。

ジェルネイルと同じように表面に厚みが出てしまいますし、噛み合わせによっては支障をきたすこともあります。

費用は1本あたり1000〜3000円程度となっています。

保険が適用されないので自由診療になってしまうと知っておきましょう。

クリニックによっては1本単位の値段ではなく、セット料金を用意しているところもあります。施術する本数が多いほど1本あたりのコストが安くなりますし、一気に施術を受けた方が良いでしょう。

歯医者では施術にかかる費用だけでなく、診察料やクリーニング料なども発生します。

また、メンテナンスをしていないと少しずつ剥がれてしまいますし、定期的なケアが必要と言えるでしょう。

マニキュアを剥がす時には塗った時の半分程度の費用が掛かってきます。

まとめ

歯医者では施術前にどのくらい白くしたいのか希望を聞かれることになります。

そのため好みの白さにすることができるでしょう。

しかし、元の色と違い過ぎた場合、剥がれた時に目立ってしまうこともあります。

そのためできるだけ自然に見える色を選んだ方が良いでしょう。

歯医者ではベースコートを塗ってからホワイトコートを塗り、最後にトップコートを塗っていくことになります。仕上がりはドクターによって差が出てきてしまうため、経験豊富なところを選んだ方が良いでしょう。