日本では歯科治療の際、保険適応内なので銀歯をよく利用するケースがありますが、銀は金属であるためにどうしても口を開けた際に悪目立ちしてしまいます。

また目立つだけでなく歯茎や歯の色が金属の劣化などによって黒っぽく変色したり、金属アレルギーになる可能性もあります。

さらには歯と銀との間に隙間が出来る確率が高いため、そこから二次的な虫歯になったり、歯茎の炎症を発症させて歯周病になりやすいといったリスクもあるため、最近では避けるケースも出てきており、詰め物や被せ物には他の素材のものを選ぶことも増えてきています。



【広告】

銀歯をセラミックに交換する費用と特徴

そんな銀歯に代わる素材として注目を集めているのがセラミックで、素材が陶器なので銀のようにアレルギーが発症するリスクもなく、汚れも落ちやすいですし変色もせず、透明感のある天然の歯に近い状態にすることが可能です。

さらに陶器なのでそれなりの耐久性にも優れているため、一度治療すれば長期的に使用し続けることも可能です。

もっともそんな審美性と耐久性に優れた素材ではありますが、費用については基本的に保険適応外となるため、銀歯よりも高い傾向にあります。

ハイブリッドセラミックの特徴

同じセラミックでも、プラスチックと陶器の混合の素材であるハイブリットならば、セラミックよりも審美性や耐久性はやや劣りますが、費用といった面では安いのでメリットがあります。

また真ん中から数えて四番目と五番目の歯で、かつ被せ物での治療の場合のみは、保険適応内での治療も可能であり、さらに安く治療することもできます。

このように銀歯をセラミックに交換する場合は、やはりコストが一番のネックになりますが、ハイブリットという選択肢もありますし、さらには素材がすべてプラスチックのコンポジットレジンという選択肢もあります。

コンポジットレジンの特徴

コンポジットレジンの場合はすべて保険適応内なので一番安く白い歯を手に入れることができますが、耐久性や審美性はいまいちであり、プラスチックなので変色などもするため、やはり長期的に利用するのならば、コンポジットレジンよりは陶器素材のものの方がお勧めです。

費用

そこで参考までにおもな銀歯に代わる素材の金額としては、コンポジットレジンが700円から3000円程度なのに対し、保険適応内のハイブリットは800円から1万円程度で、保険適応外になると同じハイブリットでも2万円から10万円と高額になり、セラミックはさらに高額の3万円から15万円前後といったケースが一般的に多い傾向にあります。