銀歯を白くする方法には安い道具を使って出来ることから、歯科医院でセラミックを使った治療を受ける方法まで様々なやり方があります。



【広告】

【オールセラミック】銀歯を白くする安い方法

自分の目的や予算に合わせて最適な方法を選んで、歯の見た目に関する悩みを解決してみてはいかがでしょうか。

今回は銀歯を白くして尚且つ安い費用でうけられる方法をご紹介します。

歯のマニキュア

まず、銀歯を手軽に安いやり方で白くするには、ドラッグストアや通販などで手に入る歯のマニキュアを使う方法があります。

歯のマニキュアはその名の通り、色の気になる歯や銀色の詰め物をしている歯などに塗ることで歯を白く見せられるという道具になります。

歯のマニキュアを使うメリットは塗ればすぐ歯を白く出来るため、結婚式などの大切なイベントがあり急いで歯を白くしたいという時に便利だということや、歯科医院での治療に比べて費用が安いということです。

その一方で、歯のマニキュアは塗料を塗って歯を白く見せる方法なので見た目が不自然になることがあるというデメリットもあるため、よく考えて使うのが良いと言えるでしょう。

審美医院治療

銀歯を白くする方法としては歯科医院で治療を受けるという方法があり、時間や費用はかかるものの美しい仕上がりが期待出来る点がメリットとなります。

歯が銀色で気になっている人には、詰め物が銀色である場合と被せ物が銀色である場合がありますが、詰め物や被せ物をセラミックなどの白い素材で作り直して付け直すことにより、歯の見た目を自然で美しくすることが出来ます。

歯科医院で銀歯を白くするには、保険診療でレジンというプラスチック素材を使った詰め物や被せ物に変えてもらう方法がありますが、費用が安いことがメリットとなる一方、長年使っていると変色してくるデメリットもある治療法になっています。

それに対して自費診療ではオールセラミックをはじめとした様々な素材を使って、銀色だった詰め物や被せ物を作り直して白く自然な歯のような見た目に変えることが出来ます。

なお、自費診療で詰め物や被せ物を変更する時には、使う部分が前歯か奥歯かなどによって必要な強度が変わってくるので、医師とよく相談して最適な素材を選ぶことが必要になります。

また、第一小臼歯か第二小臼歯が銀歯になっている人は、ハイブリッドセラミックという素材を使ってCAD/CAM装置で被せ物を作ると保険診療で安く歯を白くすることが出来るようになっているので利用を考えてみましょう。

ハイブリッドセラミックはプラスチックと陶器が混合された素材です。

まとめ

歯が銀色になっている部分を白くしたい時には、費用の安さで選ぶのも一つの方法ですが見た目の自然さや効果の持続性、白くした歯で食事がしやすいかなども総合的に考えてから方法を選ぶのがおすすめです。